2007/3/31

デジカメ草の根活動  デジタルカメラ
デジカメの普及はほんとうにめざましい。
今やデジカメに興味のまったくないアマチュアカメラマンの本当にごく少数といえるだろう。
実は、埼玉県の戸田市に頼まれて、デジカメ教室なるものの講師などをやったりしていますが、ここの方達は非常にアクティブで写真展なんかも開催したりしている。(まあ、私が焚きつけたりもしたのですがw。しかも今年で2回目の開催です)
そんなご縁で、展示作品の講評なども頼まれたりして、どっぷりと戸田市の方々と仲良し。地道な活動ですが結構楽しいものです。

本日はその写真展の優秀作品の表彰式があり、おじゃましてきました。
みなさん、とってもデジタルに熱心で、感性と技術、愛情で撮られた素晴らしい作品がいっぱい展示されていました。
やっぱり写真は楽しむのが一番です。

クリックすると元のサイズで表示します
最優秀賞、優秀賞を受賞された方たち。
素敵な写真にプロもアマチュアも関係ありません。
撮った人の思いがこもった写真にはパワーがある。
今日もまたそのことを実感しました。
0

2007/3/29

エプソンP-5000の使い道  デジタルカメラ
エプソンのフォトストレージビューワ「P-5000」だが、基本的にはロケのバックアップ用として持ち歩いている。
まあ、これが一番一般的な使い方でしょう。
でも、私はもう一つの使い方を考えた。
それは、ポートフォリオとしての使い方。
ポートフォリオとは、作品を入れておくアルバムみたいなもので、写真家なら大抵、自分で作って持っているもの。
私もプリントしたものを作っていて、必要があればそれを持ち歩いる。
そして新しいクライアントなんかに見せたりするのだ。
でも、ポートフォリオって持ち歩きを考えるとA4サイズくらいまでだし、入れておくプリントも20-30枚くらいが限界。(A3サイズのも作ってあるのだが、なにせ荷物になるのであまり出番はない)
「本当はもっともっと見せたい写真がいっぱいあるのに」って思っていても、そんなにいっぱいは入れられない。
しかも、毎日持ち歩くには重たいし荷物になる。

そこでP-5000の登場。
プリントを入れたポートフォリオは、もちろんこれからも必要に応じて持って歩くし、新しい作品ができればプリントして、ポートフォリオに追加する。
でも、それとは別に見せたい写真をどんどんP-5000にコピーしておくのである。
P-5000ならカメラバッグの片隅に入れておけるし、必要なときにすぐに取り出せる。
P-5000をパソコンに接続すれば、フォルダを作ってコピーすることができるので、ジャンル別に写真を保存しておくことができる。

というわけで、2台目のP-5000を入手してポートフォリオ専用マシンにしました。
これでいつ何時、新しいクライアント候補に会っても、すぐに自分の作品を思う存分見せることができる。
新しいクライアントさんは大抵、「今度、作品見せてください」っていうもの。
お互いに忙しいし、“今度”っていうのがいつになるか分からない。
だったら、カバンからP-5000を撮り出してその場で見せてしまおうっていう発想。

デジタルがここまで普及してきた今、ポートフォリオもデジタル化してもいいんじゃないかな〜と思う今日この頃でした。

クリックすると元のサイズで表示します
モデルの一ノ瀬さやかさんと新宿の街を歩きながら、
のんびりと撮影。
D200にシグマの30mmF1.4 EX DC/HSMをだけを持って身軽な撮影を楽しんだ。D200と30mmF1.4の組み合わせは私のお気に入り。
日没直前で、舗道の一部だけに光が当たっていたので、そこに座ってもらって自然光だけで撮ったもの。
たまには屋外での作品撮りも楽しいものです。
0

2007/3/25

PIE2007も無事に閉幕  デジタルカメラ
4日間に渡るPIE2007も本日無事に閉幕。
昨年に比べるとまだ時間的には余裕があったが、
それでも毎日出演させていただき、
そして毎晩、お食事会にお招きいただき、
クタクタになりながらも、非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。

日本で最大のカメライベントだけに各社ともに趣向を凝らしたイベントを行っていたが、その一方でコンパニオンやモデルさんが多いところほど人が集まるという傾向も見られた。(まあ今年に限ったことではありませんが、せっかくのカメラショーなんだから、カメラも一生懸命みてほしいものです)

私も毎回、自分なりに与えられたお題目をクリアすべく、写真とスピーチで持ち時間をフルに使ってセミナーをやってきたが、やっぱりカメラの魅力を伝えるには写真を見せるのが一番のような気がする。いくらスペック上の魅力を語っても、所詮カメラは写真を撮るための道具。つまりカメラを購入する本来の目的は「写真」のはず。
そんな当たり前のことを再認識しながら、4日間を過ごした。
さて、明日からまた通常の動きに戻ります。
また写真をいっぱい撮って、どんどん発表するぞ!

クリックすると元のサイズで表示します
私がセミナーを担当していたニコンブースのメインステージでは、
ショーモデルさんを起用して、デジカメを見せるという企画が行われていた。
写真は閉幕直前にモデルさんたちが全員勢揃いしたときのもの。
私のセミナーは別のステージでやっていたので、この方達とはまったくお話をすることもありませんでした(残念)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ