2007/3/5

オリンパスのやる気  デジタルカメラ
ずいぶん前からオリンパスの関係者から、「今年は気合い入ってるから、楽しみにしててね」って言われていたが、本日、ついにその全容(一部か?)が明らかになった。
EシステムのニューモデルとしてE-410E-510が発表になり、またE-1の後継機やレンズシステムなどのロードマップも発表された。

E-410は、欧州限定で発売されてきたE-400にライブビュー機能を搭載したもので、画素数も1090万画素へとアップ。詳しいスペックは省略するが、「世界最小、最薄、最軽量」を謳うようにとっても小さいのが特徴だ。ライブビュー機能を搭載したことで、よりコンパクトデジカメに近い感覚で使えそうだし、サイズ的にも一眼レフカメラとは思えないほど小さいのがいい。お仕事道具とはならなそうだが、海外旅行のお供カメラとしてはよいかもしれない。ハッキリいってまだ触った程度のものなので、使い勝手までは分からないが、とにかく小さくて軽いというのは一つのカメラのあり方であるように感じる。

クリックすると元のサイズで表示します


一方、E-510はE-500の後継機となるモデルで、こちらも画素数は1090万画素。ライブビュー機能を搭載している点はE-410と同じだが、こちらのモデルにはさらにボディ内手ぶれ補正機構が搭載された。ボディ内手ぶれ補正機構はすべてレンズで手ぶれが抑えられるというメリットがあり、E-510では最大4段分の補正効果が得られるという。実際の効き具合がどんなものなのか興味があるところだ。
ボディ内手ぶれ補正機構は便利だが、ファインダーをのぞいている状態ではその補正効果がわからない。レンズ式の補正ではぶれがどの程度止まっているのかが分かるので、感覚的にぶれそうかどうかが分かる。(個人的にはこのファインダーで補正効果が分かるのが好き。)
E-510も実はかなりコンパクトなボディなのだが、E-410と並べてしまうと一回り大きくみえる。ただ、手の大きな私がカメラを構えた限りではE-510のほうがしっくりと手に馴染む気がした。(軽さで言えばE-410だが、グリップ感ではE-510のほうが好み)
こっちのカメラも基本的にはお仕事カメラというには少々心許ない。やっぱりお散歩カメラという感じだ。


クリックすると元のサイズで表示します

で、お仕事カメラになりそうなモデルはといえば、E-1の後継機。
まだまだモックアップの状態で詳細はわからない。
分かっているのは年内発売を目指すということくらいだろうか。

ただ、今日話をしたオリンパスの関係者いわく、「E-1の後継機も期待していてください」とのこと。
私が期待したいのは、とにかくファインダーが大きくて見やすくなること。そして、ライブビューを搭載するなら、液晶モニターは縦横の両方に可動すること。さらにレンズのラインアップに関して、ポートレートに向いた明るい単焦点レンズが欲しいということ。
以上3点について「Eシステムで人物の作品撮りをするなら絶対にかなえて欲しい」って言っておいた。
3点のうち、どれが満たされてどれが満たされないのかは分からないが、やっぱりこのオーダーに対する返事は「期待していてください」だ。
はぐらかされた気もするので、本当のことはまったく分かりませんが。
しかもみなさんお酒も入ってましたから。
でもまあ、期待してましょう。オリンパスさんのやる気に。

やっぱり元気なメーカーが多いほど、市場は盛り上がるというものでしょう。
ということで、全メーカーさんの頑張りに期待しましょう!
そして日本を元気にしよう〜!!

※掲載したE-410、E-510の写真はメーカーさんの広報資料からお借りしたものです。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ