2007/3/7

今度はニコンからD40Xが登場  デジタルカメラ
オリンパスのE-410、E-510の発表に続き、
今度はニコンからD40Xが発表された。
D40と同じボディサイズ(重さは495gとD40よりも20gほど重い)となる1020万画素モデルだ。
見た目にはほとんどD40と変わらないが、D40Xでは最低感度がISO100になったり、連写速度が3コマ/秒になったり、シンクロ速度は1/200秒になったりと、細かく見ていくといくつか違いがあることがわかる。
「D40とD40X、なんで2モデルがわずかな時差で発売されるの?」って質問を私にする方がいらっしゃいますが、私には分かりません。まあきっと企業戦略というやつなんでしょう。
(どうせなら同時に発売して、最初からユーザーに選択させるほうが親切な気はしますけどね。でも、いろいろ事情もあるんでしょう、ニコンさんにも)
でも、まあ単純に選択肢が増えるという意味ではいいんじゃないでしょうか。
D40の600万画素だってA3程度の用紙なら十分に鑑賞に堪えると思うし、あのビックリ価格には意味があったのだと思うし(ごくごく普通のユーザーはA3にすらプリントする機会はほとんどないでしょうし)。
D40を買ったユーザーは別に気にすることないんじゃないですかね。

私なりにD40Xの発売意図を想像するに、「D40の小ささが欲しい。でも1000万画素じゃないから買わない」というユーザーが多くいることをニコンさんは前もって想定していたんじゃないですかね。D40の発売前から。
だって、そんな声を聞いたからといってすぐに1000万画素モデルに作り直すほど、カメラの開発って簡単じゃないだろうし、そんなスピードでできるものじゃないですから。つまり、D40とD40Xはほぼ同じ時期に開発が始まっていたと考える方が自然でしょう。

で、実際のところ困るのが、どれを買えばいいのかということ。
比較的低価格のモデルで考えても、D40とD40X、それにD80も加わって三つどもえの状態。
この3モデルの棲み分けを考えるのが、今の私のテーマでしょうかね。
まあボディのコンパクトさで選ぶならD40かD40X。
で、A4くらいがメインのプリントサイズならD40で、A3やA2以上をやりたいというならD40Xという感じでしょうか。
D80はといえば、露出ブラケティングなんかを使ったり、11点のAFエリアに有り難みを感じる人が選ぶモデルですかね。

クリックすると元のサイズで表示します
先日行った上海の続き。
上海はすごい人です。
こういうところではスリに注意が必要らしい。
カメラとかもあんまり大きくて高そうなもじゃないほうが安心。
そんな時にもD40Xくらいコンパクトだと目立たなくていいですね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ