2007/6/5

次の目的地は北海道  デジタルカメラ
本日から5日ほど北海道の旅に出ます。
まあ色々と訳あって・・・。
っていうか、当然のごとく仕事ですが。

この20日間ばかりを振り返ってみると、1週間のうち5日くらいは地方遠征。
しかも、東京に戻らずにそのまま旅から旅へ出る日程もあったりして結構東京が恋しい。
(一応、東京生まれ東京育ちなんで、東京が私の「ふるさと」なんです)
今日は久々に東京の夕陽を見ました。

クリックすると元のサイズで表示します
作例撮影でよく使うお台場ですが、
今日はプライベートでのんびりと夕陽見物。
コンパクトデジカメのシーンモードには夕焼けモードなんかがあったりしますが、
私はもっぱらホワイトバランスを曇りなどにセットして、ちょっとマイナス目の露出補正をおこなって撮ることが多い。
そのほうが自分好みの夕景になるからだ。
コンパクトデジカメでも自分好みの設定をちゃんと把握しておくと結構良い感じの絵が撮れたりするものです。
0

2007/6/1

コンパクトデジカメの高ISO感度  デジタルカメラ
最近のコンパクトデジカメは本当に高感度撮影に強くなった。
以前はISO1600でも驚いていたのに、最近ではISO3200はおろかISO6400までの撮影も可能な機種が登場している。

確かに感度を上げれば手ぶれも被写体ぶれも抑えられるし、今までは撮れなかったシチュエーションでも撮ることができたりする。
でも、ただ高感度の設定があればいいっていうものではありません。
やっぱり高感度とはいえ、きれいに写って欲しいものです。
そういう意味では、コンパクトデジカメの高感度はまだまだ発展途上。
ISO400くらいまではずいぶんと良くなったが、そこから上になるとノイズも目立つし、解像感が落ちるものも多い。
ISO6400とかができるようになって、結果的にISO400あたりの画質は向上したし、その点では高感度化も「善」といえるでしょう。

でも、やみくもに高感度化して、「ISO6400の高感度撮影が可能!」なんて言い切られると「可能かもしれないけどさ・・・」って思ってしまう。
やっぱり最低限のクオリティは欲しいですよね。
もちろん、メーカーさんもその辺のことは重々承知で、これからどんどん高感度の高画質化を進めていくんでしょうけど。
多画素化と並んで、どこまで高感度化が進むのか興味の尽きないところです。

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日は長野に泊まり込みで撮影。
室内あり、屋外ありで色々なバリエーションを撮った。
モデルさんはオスカープロモーションの「浅野昭子」さん(左)と「長谷川愛」さん(右)のお二人。
天気も悪く、めちゃめちゃ寒かったのですが、二人ともよく頑張ってくれました。
カメラを向けてないときは寒さに震えているのに、カメラを向けるとしっかりと表情を作ってくれる。プロですねーやっぱり。

余談ですが、こういう記念写真はコンパクトデジカメに限りますw


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

最近は、記念写真ばかりでなく、まじめに撮った写真も載せてほしいという声が多いので、
ちょっと奮発して横位置のカットを2枚ほど掲載。
コンパクトデジカメがどれほど高画質化しても、やっぱりこういう撮影は一眼レフに限る。露出もマニュアル、ピントもマニュアル、ホワイトバランスもマニュアル。もちろん、ライティングもマニュアル。結局、なんでも自分で決めるのが一番。
作品として出す場合には、ここからほんの少しコントラストなんかを微調整したりするんだけど、まあBlogということで、撮って出しのJPEG画像にしました。
ちなみに本当のベストショット作品はここには載せません。
もったいなから(笑)。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ