2007/6/23

やっぱりトータルバランスが大切  デジタルカメラ
仕事柄、一度に何台ものカメラを使って同じシーンを撮ることがある。
そんなときに感じるのは、カメラのトータルバランスが優れたカメラはやっぱり使いやすいということ。
ファインダーが見やすいこと、シャッターのフィーリング、露出、AFの速度や精度、液晶モニターの発色などなど・・・。
ほんとにカメラによってまったく違う。

“これは!”って思えるカメラは、とにかく全体のバランスに優れ、撮影が楽しくなるもの。そうじゃないカメラというのは撮っているとどんどんストレスがたまってくる。
そういうカメラも仕事だから一生懸命に使うのだが、やっぱり結果は写真に現れる。
使いやすいカメラは写真の上がりもよいものだ。

画素数やスペックだけでは見えてこない、本当のカメラの善し悪しというものが存在するものです。いいカメラ(高級という意味ではありません)は本当に楽しいといつもながら痛感!

クリックすると元のサイズで表示します
一昨日の撮影は、玄光社のデジタルフォトテクニックの次号特集用。
デジタル一眼レフのエントリーモデルを中心に、高機能コンパクトなども使いながら、セカンドカメラについて考える特集です。

モデルさんはナチュラルモード夏美さん
日頃はファッション誌などで活躍をしているという女性だけあって、
こういうポーズがよく似合います。
明るくてとっても楽しいモデルさんでした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ