2007/7/18

写真の力  デジタルカメラ
今日は久しぶりに写真が持つ力について考えさせられる日だった。
銀座のキヤノンギャラリーに、知り合いの写真家「HARUKI」さんの写真展『普通の人びと』を見に行ったのだが、
この写真がすごい。
HARUKIさんが世界各国を旅するなかで出会った人たちの肖像写真が約50枚。
どの写真も撮る側と撮られる側の意志というか、コミュニケーションというかが写真にしっかりと現れている。
約20年間撮り貯めたものの集大成ということなのだから、この持続力も凄い。

技術的にすごい写真だったり、見たこともないような素晴らしい風景なんかを撮った写真というのも感動するが、普通の人を撮ってここまでの感動をもたらしてくれる写真はそうそうないと思う。
HARUKIさんの写真も、単焦点レンズを使ったり、それをほとんど開放付近で撮ったり(聞きそびれたが、たぶんそうでしょう)といった技術的な裏付けはあるのだが、写真のすごさはそんなところではないと思う。
ひと言で言えば、写真にパワーがあるのだ。
一見すると誰でも撮れそうに思えるかもしれないが、絶対にそんなことはない。
私も海外に行って、見ず知らずの人に声をかけて写真を撮らせてもらうが、この労力は半端じゃないのだ。撮らせてもらえるだけでもラッキー。
それが、今回の写真展では撮らせてもらうだけじゃなく、ちゃんと写真に力がある。
そこがHARUKIさんのパワーなんだと思う。そしてHARUKIさんの人間性なんだと思う。

めずらしく人の写真展を褒めまくっている私ですが、ほんとにいいもの見せてもらいました。このパワーをもらって、私もまた人物写真を撮りまくりたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
作者のHARUKIさん。
遠めにはちょっと恐そうな風体の人ですが、
話すととても穏和で魅力溢れる人。
まあ、そうでなければあんな素敵な人物写真撮れないでしょうけど。

残念なことにキヤノンギャラリー銀座での写真展は今日で終わってしまいました。
でも、8月6日(月)〜8月17日(金)にキヤノンギャラリー福岡で同じ写真展が開催されます。
東京を見られなかった人で人物写真に関心のある方は、飛行機に乗ってでも見る価値はありますよ。
そして、写真の力(パワー)について、実感してみたい人にもお勧めです。
写真って本当に凄いんだって、実感できますから。

追加情報:
HARUKIさんの写真展、キヤノンギャラリー名古屋でも開催されるそうです。
期間は9/6(木)〜9/19(水)。
名阪地域の方は、こっちにいくのが良いみたいです。
ただし、銀座で展示したものすべてがあるわけではなさそうです。
(スペースの関係でしょう)

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ