2007/8/20

キヤノンからデジタル一眼レフ2モデル発表  デジタルカメラ
本日、キヤノンからデジタル一眼レフカメラ2モデルとコンパクトデジカメ7モデルの発表があった。
その中の目玉といえばやはりプロ機としての最高峰、EOS-1Ds MarkIIIだろう。
予想はされていたが、ついに2000万画素の大台を突破する2110万画素。
まあ、すでにEOS-1D MarkIIIが発売されているだけに、機械としての目新しさはないが、2000万画素オーバーの画質というのはどんなもんなんだろうと気になるところではあります。
でも、このカメラ、月産2500台という少なさ。
価格も90万円前後が予想されるし、まあそうそう売れるカメラではないってことでしょう。

そしてもう一台がハイアマチュア向けのモデルとなるEOS 40D
こちらは月産75000台ということなので、かなり売れる見込みってことだろう。
40Dというカメラは、6.5コマ/秒の連写やゴミ取りシステム、そして3.0型液晶によるライブビュー機能、9点すべてにクロスセンサーを搭載したAFシステムなど、気がつけば新機能満載。30Dからのモデルチェンジとしてはかなり大きな変化といえるでしょう。
ファインダーなんかも見やすくなっており、なかなか良くできたカメラのようだ。
でも、シャッター音なんかはもう少し気を遣って欲しいというのも正直な感想だったり。

発表会では、「このところニコンに水をあけられていたが、2007年後半はまくりたい」という意味合いの発言もあったが、ニコンはどうやって受けて立つのか。
「やっぱいいわ〜ニコン」と再び言わしめる飛び道具が出てくるのか?
相変わらず興味の尽きない業界であります(笑)。

ちなみに、コンパクトデジカメのほうはサラッと流されてしまったが、
PowerShot G9など魅力的なモデルも発表されてました。
こんなカメラを含めて7台ものモデルの発表をサラッと流してしまうあたりに、キヤノンの底力を感じますねw。(個人的にはPowerShotG9に大注目してます。)

クリックすると元のサイズで表示します
デモコーナーに置いてあった40D。
後ろに見えるのは鉄道模型。
走る電車を連写して、6.5コマ/秒の素晴らしさを実感してね。ってことでしょう。
なかなかお金がかかってそうな模型セットでした(笑)。
そういえば、発表会にはイメージキャラクターをつとめる渡辺謙さんが来ていて、
40Dの魅力を語ってました。
男ながらに、かっこいいな〜って思ってしまった。
やっぱりオーラのある人は違いますね。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ