2007/10/31

リコー GR DIGITAL II発表  デジタルカメラ
本日、リコーから高機能コンパクトデジカメ「GR DIGITAL II」が発表となった。
画素数が1001万画素にアップしたり、液晶モニターが2.7型へと大型化したりして、高感度のノイズも減っているということだが、外観のデザインは旧モデルとなるGR DIGITAL とほとんど一緒。
じっくり見ないと、どっちがどっちだか分からないほど。
でも、フィルムカメラのGR-1vなんかのデザインを踏襲していて、デザイン変更が無かったこともかえって好印象。
RAW記録もある程度実用レベルの速度で撮影できそうだし、液晶も旧モデルよりもずいぶんとよくなっているみたい。
ハッセルブラッドをみたいに1:1のスクエアフォーマットの記録ができるようになったのも嬉しい。(でも、GX100みたいな上からのぞき込むタイプのファインダーはないんです。これは、ちょっと残念)

まだ実写したわけではなく本当の実力は分からないが、まあ画質が命のカメラでもないし、ボディサイズやデザイン、操作性の良さを考慮すれば十分に魅力あふれるカメラといってよいでしょう。
デジタル一眼レフカメラで本気の撮影をするのも楽しいけど、
こういうカメラでスナップを撮るというのも、写真の楽しみ方として"アリ"でしょう。

それと、ちょっとした告知ですが、
GR DIGITAL IIの発表を記念して、
100名の写真家&クリエイターがGR DIGITAL&GX100で撮った写真を集めた写真展&写真集ができました。(本日はそのお披露目パーティも開催されました)

●写真展のほうは
横浜美術館にて
2007年11月3日(土)〜4日(日) 10:00〜18:00
の二日間のみの開催。

●写真集は
タイトル : GR SNAPS
発売日  : 2007年11月22日
発行元  : 株式会社シー・エム・エス  
発 売  : 株式会社ぴあ 
形 式  : 外:ボックス型パッケージ/中:B5変型サイズ写真集206P
価 格  : 3,800円(消費税込3,990円)
販売方法 : 書店販売

詳しくは、リコーのニュースリリースをご覧ください。
私の写真も横浜美術館に展示さて、写真集にも掲載されております。

クリックすると元のサイズで表示します
GR DIGITAL IIの発表イベントの帰りに撮った横浜みなとみらいの夜景。
撮影は当然のことながら、GR DIGITALです。
この日の発表会は、やっぱりみんなGR DIGITAL かGX100持参でした(笑)。
0

2007/10/29

東京には帰ってきたけれど  
Nikon Digital Live 2007も週末の札幌でようやく終幕。
1ヶ月半にわたる、長い長いイベントでした。
で、東京に戻ってきて、さっそく原稿に追われる日々。
月末〜月初はカメラ雑誌をやる私にとってもっとも忙しくなる時期。
札幌から戻るなり、パソコンの前に釘付けです。

北海道は紅葉真っ盛りで、とっても素敵でした。
風景写真はあんまり熱くなれない私ですが、
今回の北海道は良かったですね。
あんな景色ばかりなら風景写真も楽しいだろうな〜。

とかいいつつ、今週、来週くらいで、カメラ誌の仕事で関東近県の紅葉を撮りに行く予定。やっぱり今の時期は紅葉です。

クリックすると元のサイズで表示します
札幌に行く前日のロケでお付き合いいただいたモデルの高瀬リエさん(ホリエージェンシー)。
大阪在住の高校生です。
レフ板を強力に当てられる中、一生懸命に目を見開いてくれました。
この写真は11/20発売の玄光社「デジタルフォトテクニック」で使用されるもののテストカットです。もっと素敵な彼女を見たいかたはぜひ誌面をご覧ください。
0

2007/10/21

秋の新モデルたち  デジタルカメラ
気がつけばこの秋は各カメラメーカーが一斉に気合いの入ったモデルを出してきた。
ニコンはD3D300の2台体勢だし、
キヤノンはEOS-1DsMark IIIEOS 40Dの2台。
ソニーはα700
パナソニックからもLUMIX L10
そしてつい先日はオリンパスからもE-3が発表となった。

今回の新製品たちは、価格勝負のエントリーモデルではなく、中身で勝負の中級モデル、ハイエンドモデルが顔をそろえる。
レビューを担当する立場からすると、やっぱり使い勝手に優れた中上級機のほうが、撮っていて楽しいものだ。
結局、カメラって手に馴染み、体で感じられるものが一番。
撮っていて楽しくなるカメラは、やっぱり撮った写真にもそれが現れるもの。
弘法筆を選ばずとはいうが、やっぱり良い筆を使った方が楽しいことは間違いない。
そういう意味ではいわゆるプロ機というものは、さすがに良くできていると感じる。
さすが、重たいだけのことはあります(笑)。

まだ、すべてのカメラを使った訳ではないが、
どうもどのカメラもここにきて、世代が一つ新しくなった感がある。
画素数だけを見ると、以前ほど驚くほどの進化がないように思えるかもしれないが、
どのカメラも露出、ホワイトバランスなど、絵作り面が格段に上手くなっているように感じる。
そろそろ頭打ちかなーと思わせつつも、まだまだ進化するのがデジタルカメラの世界ということでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
おかげさまで恒例となりつつある週刊SPA!のどるばこ撮影。
先日の撮影は、オフィス・エム所属の内田有美さん。
テレビに舞台にと幅広く活躍する、独特の空気感と色気を兼ね備える美女でした。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ