2007/12/10

D300総括  
D300をはじめて使ってからずいぶんとシャッターを切った。
実はD300のベータ機を使い出したころは、手元にはD3もあって、どうしたってD300 vs D3 みたいな感じになってしまった。
そうすると、どうしたって撮影機材としての完成度はD3のほうが高いわけで、D3メイン、D300サブ機みたいな使い方をすることが多くなってしまった。
D3を使っていると、D300はなんとも頼りない存在に感じてしまうものです(笑)。

だが、D3が手元になくなって、D300オンリーになると、これはこれで実に良くできたカメラだと感じられるようになった。DXレンズをフルスペックで使えることはもちろんだが、内蔵スピードライトを使ったワイヤレスライティング、小型のバッテリーなどなど、D300メインでもぜんぜんOKじゃないと思えるようになった。
特に、カメラバッグにボディとレンズ数本、スピードライトなどを詰め込んでいくと、D3で入らなかった装備でもなんとか収まったりして。

それに、私が主に使う人物撮りの環境では、ISO400くらいが常用、室内光の灯りを生かした撮影などでたまにISO800〜1600くらいまでを使うという感じでは、D300でも不満はない。

価格を考えればD300は非常にお買い得感の高いカメラなのかもしれない。
ボディの大きさ、重さもある意味、いつでももって歩けるカメラの限界内かもしれない。
画質やノイズについては、将来的にはもっと向上するかもしれないが、現状でもお仕事に使える。
というか、お仕事カメラとして十分な力を持っている。
ズームレンズをメインで使う分には、これがベストチョイスといえるかもしれません。

D3の重さ、大きさ、価格にが気にならない人はD3を買うのがいいでしょう。
(ちなみに私は価格が気になりますが・・・w)
D300はDXフォーマットのフラッグシップ機です。
だから、DXフォーマットに不満のない人はD300をチョイスするのが正解でしょう。

ただし!
私の大好きな画角、35、50、85mmの明るい単焦点レンズを使って、人物を撮るとやっぱりDXフォーマットが微妙な感じ。ぼけと画角がちぐはぐな印象を受けます。
単焦点レンズを使うなら、やっぱりD3かな〜とも思う。
といって、現在私の手元にはD3がありません。
頼んでいるのだけど、まだ入手できていないのです。
う〜ん、年内中に届くのだろうか・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
先週行っていた大阪のホテルのロビーに飾られていたクリスマスツリー。
街はすっかりクリスマスです。
自分のクリスマスプレゼントにD3をと考えている私に、サンタクロースはほほえんでくれるのでしょうか・・・。
ちなみに写真はD300で撮ったものです。
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ