2007/12/14

SNAPカメラ  デジタルカメラ
グラビア撮影などのお仕事では、絶対にデジタル一眼レフカメラは欠かせない。
しかも、やっぱりいわゆるプロ機というものがいい。
なぜなら、ファインダーは見やすいし、シャッターの切れ味も抜群。
撮る側と撮られる側のコミュニケーションをカメラのシャッターで取るという感じだ。
忙しい撮影の中で、ホワイトバランスの微調整など瞬時にできることも大切。
そういう意味で、やっぱりプロ機ってお仕事には最適だと感じる。

でも、なんでもかんでも一眼レフが一番というわけではない。
というか、散歩に行ったり、ちょっと食事にいったりするのに全部一眼レフカメラを持ち出していたら体力が持たない。荷物も大きくなりすぎる。
というわけで、日頃、気軽なSNAP撮影にはコンパクトデジカメを使うことが多いです。
コンパクトデジカメといっても、バカにできない実力なのが最近のモデル。
さすがに高感度は厳しいし、一眼レフと比べてしまうと画質は劣るが、それでも普通に見たり、プリントしたりする分には十分な実力。

最近の私のSNAPカメラはもっぱらリコーのGR DIGITAL II
1/1.75型1001万画素のCCDを搭載し、描写力に定評のある単焦点28mm相当のGRレンズを搭載したモデル。
1:1のスクエアフォーマットが撮れたり、RAW記録も早くなったりと、旧モデルのGR DIGITALからずいぶんと進化している。
私の好みからするとちょっと露出が明るめすぎる気もするのだが、
これは露出補正をすればすむ話。
露出補正もレバー一つでできるので、ぜんぜん苦にならない。
このあたりの操作系はお手軽コンパクトとは別次元です。

強いてこのカメラに注文をつけるとすれば、あと一歩、AFを高速化してほしい。
スナップモードと呼ばれる2.5mのピント位置が固定されるモードもあるが、
やっぱりAFでサクサクとピントがあって欲しい。
特にマクロ時はピント合わせに一呼吸待たされる感じ。
欲張りなのは分かっているけど、でも高速化して欲しいですね。

それとこのカメラには水平垂直が分かる電子水準器が装備されているのだが、
これが結構面白い。
ちょっとしたスナップで水平をばっちりと取れたりして、意外にも重宝。
水準器は風景写真以外でも割と使えるものです。

もっと手軽で簡単、きれいなコンパクトデジカメも存在するけど、
写真家たるもの、機能と使い勝手に優れたカメラを持ちたいものです。
しかも、見栄えだって気にしたいじゃないですか。

楽しいカメラを使っていると、やっぱりプライベートなスナップ撮影でも楽しくなるものです。

クリックすると元のサイズで表示します
横浜中華街で食べた、本格四川の激辛 麻婆豆腐。
プライベートの食事にまで大きなデジタル一眼レフを持ち出すのは、
なんとなく野暮な感じがするので、大きなカメラはバッグの中へ。

GR DIGITAL IIならマクロも1.5cmまでOKなので、ついつい出てきた料理なんかを撮ってしまいたくなります。
ま、こういう写真は、別にどんなカメラでもいいんですけどね。
料理写真は専門ではないので、わたし(笑)。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ