2008/2/5

デジカメの価格  デジタルカメラ
デジカメの価格はいろ〜んな要素で決まってくる。
センサー、液晶モニター、その他の部材など様々な要素が組み合わさってデジカメの価格は決定されるのだ。
そして、もう一つ忘れてはならないのが、量による価格。
いっぱい作っていっぱい売れるものほど、単価を安くしやすい。
逆に数がさばけないものは安くしにくい。
さらに、これに加えてメーカーの価格戦略というものも入って、最終的な価格が決まってくる。(他にも為替など色んな要素があるかもしれないけど、大ざっぱに言ってこんな感じでしょう)

デジカメのほとんどはオープンプライスとなっている。
価格はメーカーが決めずに、販売店が決めるというシステム。
でも、メーカーが卸値を決めて、それを元に販売店が販売価格を決めるので、
実際にはメーカーが販売価格の大枠を決定しているといってよいだろう。

で、なにが言いたいかというと、価格が高いのにはそれなりの理由があるということ。
安い物にもそれなりの理由がある。

でも一つだけ言えるのは、デジタルカメラの場合、「価格が安い=画質が劣る」 ではないのである。
それが当てはまるモデルも存在することは確か。

でも、安いカメラだからといってきれいな写真が撮れない訳でもないし、思い通りの写真が撮れない訳でもない。
安くたって、ちゃんと使ってあげれば思い通りの写真が撮れる。
特に今の時代の最新デジタルカメラは、どれも画質的には相当なレベルに来ているといって良いでしょう。

安いカメラだっていいじゃん。思いきり使ってあげましょう。
使い方を工夫しましょう。
そうすれば、きっと満足のいく一枚が撮れるはずだから。


クリックすると元のサイズで表示します

レインボーブリッジの見えるとあるビルの高層階にあるレストランにて。
クルマで移動の多い私のドリンクは、いつものノンアルコールビール。

男二人で和会席を食べながら、打ち合わせをするというかなり怪しげな状況(笑)。
ちなみに、グラスのバックにおしぼりが写っているのは単なる私のミスです。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ