2008/8/7

Micro Four Thirds System  デジタルカメラ
8月5日、オリンパスとパナソニックがデジタル一眼の新しい規格として「Micro Four Thirds System」というものを発表しました。

従来のFour Thirds Systemからの主な変更点は、
・フランジバック(マウントと撮像素子との間隔)の短縮=「フォーサーズシステム規格」の約1/2に短縮
・マウント径の縮小=「フォーサーズシステム規格」より、外径を約6mm縮小
・マウント電気接点数の変更(9点⇒11点)
の3点。(プレスリリースより抜粋)

センサーは従来と同じ「4/3型撮像素子」を使用するというもの。
どうも一眼レフカメラ特有のクイックリターンミラーが入るスペースはないらしく、ライブビュー専用になるんじゃないかと言ってました。
ということで、デジタル一眼レフカメラとは呼べないかもしれません。まあ妥協点としては「レンズ交換式デジタル一眼」ですかね。
液晶&EVFでもしっかりと撮影できればいいのかな〜と思ったり、やっぱり光学ファインダーがなくなるのはどうだろうって不安になってみたり・・・。

今回の発表はあくまでも新規格の発表だけで、具体的な製品やレンズの発表はありませんでした。
でも、規格を発表したということは、当然、カメラもレンズも作るということ。

どんなカメラになるのかは、将来のお楽しみとしても、かなり小型軽量のカメラができることでしょう。
というか、そもそもFour Thirds Systemが発表されたとき、小型軽量が一つのウリになると思われていたのに、なぜかあんまり小型化されたものが出てこなかったわけで、次の規格でようやく小型軽量がウリになるのではないかと予想されます。
(現在のFour Thirds Systemで小型軽量といえばオリンパスのE-420くらいでしょうか。)

小さくて軽いカメラは、お仕事カメラとしてはいろいろ不自由があるかもしれませんが、旅カメラとしてはこれほどありがたいことはない。
小さくて軽くて、高画質で使いやすいカメラが登場してくれることを期待したいところです。

あ、あと欲を言えば、持ちやすくて、グリップしやすいカメラがいいです。軽くても持ちにくいカメラはイヤですね〜個人的には。
ストラップなんかなくてもしっかりと持っていられるカメラが好きです。

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ