2008/8/12

高倍率ズーム機  デジタルカメラ
メーカー各社から発売される高倍率ズーム機。
広角から超望遠までを一台でカバーするという優れものなのだが、
コンパクトデジカメというには少々ボディがでかすぎるのが難点。
はっきり言って普段のお散歩にはあまり使いません。

でも、旅行には最適かもしれません。
デジタル一眼レフを持って旅行に行く人は、それとバッティングしちゃうかもしれないけど、普通の人はなるべく軽装備で旅行に行きたいはず。
そんなときにはこの高倍率ズーム機というのが重宝します。
旅行ってやっぱりいろんなものを見て、いろいろと撮りたくなるもの。
そういうときには、広角で広い絵も撮りたいし、超望遠で遠くのものをどアップで写したいという欲張りなニーズをかなえてくれるカメラが欲しいものです。
特に、超望遠に関してはデジタル一眼レフで400mm相当オーバーというのはかなりでかいレンズを持って行かなくてはならないので、なかなか面倒。それから比べれば、ちょっと図体のでかい高倍率ズーム機も軽くてちっちゃいと言ってもいいでしょう。
最近のデジカメは一眼レフじゃなくてもずいぶんと高画質になったし、高感度もかなり行けるようになってきました。
「意外と便利だな〜高倍率ズーム機!」というのが最近の感想です。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX DMC-FZ28にて。
花火大会の写真なんかも高倍率ズーム機だと、寄りも引きも撮れちゃいます。
しかも、マニュアル露出モードなんかもちゃんと搭載されていて、
4秒なんていうスローシャッターも設定できるので、花火なんかも割と自由に撮ることができる。
27〜486mm相当の画角がこれ一台で行けちゃうなんて、よーく考えてみるとすごいことです。
画質だって、十分なんじゃないかなーという気もします。
もちろん、一眼レフのほうがもっと色んなこともできるし、高感度だって強いけど、何が何でも一眼レフっていうのも疲れちゃうし。
ま、適材適所ってことでしょう、やっぱり。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ