2008/9/15

LUMIX G1発表  デジタルカメラ
パナソニックからLUMIX G1というカメラが発表になりました。
8月に同社が発表したマイクロフォーザーズというレンズマウントの規格を採用したモデルです。

一眼レフカメラには必ず装着されているクイックリターンミラーを取っ払って、ミラーレス構造を採用。それに伴い、ファインダーも光学式ではなく液晶ビューファインダー(EVF)を採用しています。
ということで、「デジタル一眼レフ」ではなく、「デジタル一眼」。一眼という言葉の是非については色んな意見があるでしょう。
これを一眼と呼ぶなら、多くのコンパクトだって一眼っていっても良いわけで・・・。かといって、「レンズ交換式デジタル」っていう言い回しもなんだかわかりにくい気がして。ということで、イメージ重視で「デジタル一眼」でいいんじゃないでしょうか。ミラーもない、光学ファインダーもないというところがかえってデジタルらしさとも言えるし。まさに新世代のデジタル一眼ってことでいいじゃないかな〜。

実機を触ってみての感想ですが、まずは小さい、軽い。
レンズを外してみると、ミラーがないことでセンサーがむき出し。
シャッターは?と思って、シャッターを切ってみると、切れるときだけシャッター幕が現れるんですね。ライブビューがベースだからシャッター幕は開いている状態がデフォルト。なかなか面白い。
光学ファインダーの代わりにEVFを採用したことで、液晶で見るファインダー像は視野率100%。(ま、当然といえば当然なんですけど)。でも、このファインダーが業務用のビデオカメラで使っているものをそのまま流用しているといことで、今までのEVFとはまったく違う見え具合。さすがに暗いところを見ると少しノイジーな画面だけど、普通に明るいところを撮る分にはすっごい見やすい。144万画素相当のEVFというのは伊達じゃありません。
ファインダーの広さだってかなりのもの。倍率は1.4倍。つまり35mmサイズ換算で0.7倍。ニコンのD300とファインダーをのぞき比べるとほぼ同じ広さでした。

デザインですが、高倍率ズーム機のLUMIX FX28と2台並べてみると、かなりスタイルが酷似しています。デザインのベースにあるのはFZ28かな〜と。
レンズ交換できるFZシリーズという感じでしょうか。


発表会での話ですが、「デジタル一眼というよりはレンズ交換式の上級コンパクトみたいですね〜」と何人かの人が言ってました。で、「ちょっとがっかり」と。
でも、がっかりというのではなく、まさにパナソニックの狙いはそこなんじゃないでしょうか。
はじめからキヤノンやニコンと同じ路線で勝負するつもりはないと。
ずっと写真やカメラに携わってきた、カメラマンやカメラ雑誌の編集者には物足りなさを感じるカメラかもしれないけど、女性ユーザーなどにはこれくらいのボディがちょうどよいのかもしれません。
もう少し奇をてらったスタイルにすれば良かったのにという声もあるようですが、やっぱりレンズの光軸上にファインダーがあった方が撮影時の違和感は少ないし、
マイクロフォーザーズの第一号機としてはこれくらい無難なまとめ方でいいんじゃないでしょうか。
将来的にはもっと突飛なデザインやもっと小型化したものも作ってもらうにして(笑)。

発表会で先輩の写真家が実機を見ながら言っていた感想が印象的でした。
「別にこれですべての仕事をしようって訳じゃないでしょ。どうせカメラなんて何台も持ってるんだから、そのうちの一台がこれ。海外の撮影はこれだけで行ってみるとかね〜、軽くて楽しいよ、きっと」と。
それくらいのスタンスで楽しめばいいんじゃないでしょうか。

コンパクトで次々と新しいことをやってきたパナソニックだから、デジタル一眼でもきっといろいろとやってくれるんでしょう。G1はその第一歩ということで。
あとは、画質をしっかりと煮詰めて欲しいところですね。できれば高感度もがっちりとやっていって欲しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
発表会でのワンカット。
カラーバリエーションが3色あるんだけど、
発表会の会場はブラックがほとんどでした。
ま、私はブラックがいいなー。
カメラは黒がかっこいいと思ってしまうのは古い人なのかな〜(笑)。
2
タグ: LUMIX G1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ