2008/12/30

画像データも大掃除  デジタルカメラ
年末ということで、パソコンの中身も大掃除です。
大掃除といっても、私は撮影したデータは一切消去したりしません。
デジカメ教室などではよくこの話をするのですが、
「写真を消す」ということは、イコール、そのときの「撮ろうと思った気持ち」、「撮るために費やした時間と手間」をすべて無かったことにしてしまうと思うからです。
写真として残っていれば、そのときのその一瞬を残しておくことができます。
でも、消してしまえば、大げさなようですが、そのとき生きていた証を消してしまうことになるように思うのです。
なので、私のパソコンにはブレた写真、ボケた写真、露出のおかしな写真などもぜーんぶ保存してあります。

その代わり、撮った写真が全部保存してあるわけですから、パソコンのハードディスクは写真だらけ。
毎日、ハードディスクを消費していきます。
DVD-Rなどのメディアにも焼いて保存するようにはしているのですが、もはやDVDの4.7GBという容量では、ディスクが何枚あっても足りません。
ですので、新しいハードディスクを買ってきては、それにバックアップしたりしています。

昨日の1TBのハードディスクを2台買ってきて、今、最近のデータを片っ端からコピーしている最中です。
最近、物理的なスペースは必要になりますが、ポジやネガのほうが保存が楽だったような気もしてきています。(ネガ入れの箱を作って、そこにどんどん入れていくだけですから。)

私が今メインで使っているカメラは10メガくらいの画素数のものです。
これでこんなにハードディスクを圧迫するのに、これが20メガとかになったらどういうことになってしまうのでしょう。考えるとちょっと恐ろしい気がします。

クリックすると元のサイズで表示します
12月のはじめにあった親戚の結婚式でのスナップ。
カメラはD3ですが、ISO800でこういうスナップが撮れるのがこのカメラのいいところですね。
ちなみに、レンズはシグマの50mm F1.4 EX DG HSM
開放のF1.4からバリッと使えますし、何よりもボケがきれい。
超音波モーターによるAFも静かで高速。
このレンズに関してはちょっと大きいということを除いては、まったく文句の付けどころがありません。
今、私の人物撮影の大半はこのレンズで行っております。
絞りを開けるとボケがきれいだし、絞ってあげればカリッとした緻密な描写を見せてくれます。
フルサイズセンサーを搭載したカメラをお持ちの方には絶対におすすめです。

ちなみに、ニコンからもAF-S NIKKOR 50mm F1.4Gという新しい単焦点レンズが出ましたが、
まだこちらは入手していません。
というか、実写すらしていませんので、このレンズの評価はできませんが、
こっちもかなり描写力に優れているみたいですね。
純正品にこだわりたいという方はこっちのレンズがいいのかもしれませんね。

まあ、どちらにせよ、最近は単焦点レンズも見直されつつあるようで、
単焦点レンズ大好きな私としては嬉しい限りです。
ついでに、35mmと85mmあたりも各社からニューレンズを出して欲しいんですけどねー(笑)。

とりあえず、2008年の日記更新はこれが最後かもしれません。

みなさま、よいお年をお迎えください。


0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ