2009/3/15

オリンパス E-620  デジタルカメラ
先日、オリンパスの新しいカメラ E-620を使わせていただきました。

このカメラ、先に発売されているE-30よりは小型軽量のモデルで、
2軸可動式の液晶モニターを搭載しています。
そして、E-30で話題となった「アートフィルター機能」も搭載されています。
小ささ、軽さに関してはまあまあといったところでしょうか。本当はこのカメラのユーザー層を考えるともう少し小さいほうがいいように思いますが。

このカメラの面白さといえば、はやりアートフィルター機能でしょう。
ラフモノクロームやトイフォト、ファンタジックフォーカスあたりが撮っていても楽しくなります。
ただし、このアートフィルター機能というのは基本的にJPEGファイルのみに適用されます。なので、RAWのみの撮影ではアートフィルターが効きません。というかRAWのみで撮影していても、アートフィルターモードに設定すると、自動的にRAW+JPEGになります。
RAW画像にあとから付属ソフトで機能が適用できればもっと面白いんですけどね。
ちなみに、RAW+JPEGで撮っておけば、JPEGはアートフィルター適用画像、RAWがノーマル画像になります。これは便利です。(アスペクト比もRAWでは常に4:3で記録されます)

それと、アートフィルター機能の種類によっては一枚撮るごとに大変待たされることがあるのが辛いですね。もっとパッパと軽快に画像処理を行ってくれるとありがたいところです。

それから、写真に携わる人間としては、この機能に振り回されてしまう感じが怖いです。
なんだか、ラフモノクロームやトイフォトを使うと、何を撮ってもなんとなく雰囲気のある写真になってしまう気がして、写真自体がラフでおもちゃみたいになったらイヤだなーと。
まあ、それは撮る側の人間の問題で、カメラのせいじゃありませんが。

あと、このカメラ、アスペクト比が4:3、3:2、16:9、6:6から選べます。
正方形のアスペクト比はやっぱり楽しくて、ついついそれを選んでしまいます。(ただ、1:1じゃなくてわざわざ6:6って表記するところが狙いすぎって気がしちゃいますねー。ま、どっちでもいいんですけどw)

注文としては、光学ファインダーでもアスペクト比が分かるようにして欲しいことと、コントラストAFを高速化してほしい点ですかね。
光学ファインダー使用時はまったくアスペクト比を変えても、フレーミングは何の基準もないので、せめて上下とかに線でも入れておいてくれればいいのにと思ったりします。
アスペクト比を変えたときには、やっぱり液晶モニターでの撮影のほうがいい気がして、ライブビューモードに切り替えると、今度はコントラストAFが、割と迷いやすかったり・・・。
フレーミング重視でいくか、AF速度重視でいくか悩むところです。

とはいえ、このアートフィルター機能とアスペクト比変更が楽しくて、一般的なデジタル一眼レフカメラとはまったく違った写真をどんどん撮ってしまいます。まさにトイカメラ感覚というところでしょうか。
写真が楽しくなるという意味では、こういうカメラの存在も大切なんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
ラフモノクローム+6:6で撮った写真。
街歩きが楽しくなるカメラであることは間違いありません。
4
タグ: E-620

2009/3/9

LUMIX DMC-GH1 アメリカで発表  デジタルカメラ
マイクロフォーサーズマウントを採用するLUMIX Gシリーズの2台目がアメリカのカメラショーPMAで発表となりました。
日本ではまだ未発表ですが、デジカメ関連のニュースサイトでも取り上げられているし、パナソニックのグローバルサイトでも掲載されているので、いずれ日本でも発表されることでしょう。

このカメラ、LUMIX G1の発表時に、すでに構想としては発表されていた製品です。
静止画オンリーのG1に対し、フルHD動画を追加したのがGH1。(ほかにも違いはありますが、大きく分けるとこんな感じでしょう)
ペンタ部にステレオマイクを仕込んだことで、わずかに高さだけ高くなっていますが、これも2台を並べて見比べないと分からないくらいの違いです。
(一番大きな違いは、もしかすると実売価格かもしれませんね)

動画撮影に関しては、AVCHD形式とMOTION JPEGの2種類が選べるようになっており、AVCHD形式のFHDモードを選ぶと1920×1080ピクセルで24コマ/秒の撮影が可能となる。一方、MOTION JPEGでは1280×720ピクセルで30コマ/秒となる。
どっちがいいのかといえば、きっとAVCHD形式がいいのでしょう。
ただ、パソコンで再生するときの汎用性でいえば、MOTION JPEGのほうが無難かもしれません。
ソフトのインストールもなしで気軽に見られるのはMOTION JPEGでしょうね。(当然、再生関連のソフトも付属して、それでAVCHD形式のムービーが見られるのでしょうが、ソフトを入れていない私のMacでは再生できませんでした)

まあ、動画はあくまでもおまけという気がしますが、おまけにしては気合いが入っています。
HD対応の新レンズ「LUMIX G VARIO HD 14-140mm」などというレンズも発表しちゃってますし、外部マイク用の端子まで付いちゃってます。
内蔵のステレオマイクだって風きり音の低減がメニューでオン/オフできちゃたり。
14-140mmに関しては、ちょっと大きくて重たいのが気になるところです。(10倍ズームだと仕方ないのかな〜?これくらいは)
あと、手動回転式のズームリングは、動画撮影時にスムーズなズーミングをするのが難しそうです。

新レンズといえば、LUMIX G VARIO 7-14mmっていうのも注目ですね。
14mm相当の超広角撮影ができる2倍ズームですけど、これが出ると一気に広角が楽になります。開放F値がF4通しなのもナイスです。

それと、今回のGH1では4:3、3:2、16:9に加え、1:1のアスペクト比変更が可能となりました。
しかも、4:3,3:2,16:9はマルチアスペクトを搭載してきました。単に、縦方向をトリミングしてアスペクト比を変えるのではなく、ちゃんと画角も対応してくれるというのは嬉しいです。さすがに1:1モードはマルチアスペクトじゃないみたいですけど。
それでもG1にはなかった1:1を搭載してきたのはいいですね。(横方向のトリミングでいいので、ぜひG1でもできるようにして欲しいところです)


G1&GH1の最大の魅力はやっぱり小さくて軽いっていうことでしょう。
G1とGH1の2台で海外撮影っていうのがベストかもしれません。
そんな日が来るのが楽しみですね。

GH1の詳しいお話は、また日本で発表されたときにでも書くことにしましょう。
とにかく楽しみなカメラがまた登場しそうということで・・・。

クリックすると元のサイズで表示します
1:1のモノクロ写真って、なぜかまったりとした幸せな気分になれます。
ちなみに、この写真はあくまでも1:1モードのイメージカットです。
(GH1で撮影した写真ではありません)
1

2009/3/5

上海撮影ツアーのご案内  デジタルカメラ
本日は、パナソニックさんとANAさんとのコラボレート企画となる「プロカメラマンと行く上海4日間ツアー」のご案内です。
4月23日(木)出発の3泊4日の撮影ツアーです。
もちろん、同行するカメラマンは私。
なんだか、今年の私は中国にとってもご縁があるようです。
今年すでに北京、上海、北京、上海と4都市を訪れてます。
北京と上海とは全然違う空気ですが、街スナップを撮る上では上海のほう被写体として面白いかもしれません。

というわけで、LUMIX G1を使った上海撮影ツアー、ご関心のある方はぜひご参加ください。(G1お持ちでない方は、メーカーさんがカメラ貸してくれますので、ご安心ください)

できれば、普通のパッケージツアーでは行くことのできないようなディープな上海もお見せしたいのですが、4日間でどこまでご案内できるのでしょうか。

撮影ツアーの詳しい内容は下記サイトをご参照ください。
参加者が15名以上集まらないと、ツアー自体が中止になってしまうらしいので、お時間と予算のあるかたはふるってご参加ください。
5つ星のホテルに泊まり、豪華で美味しい食事を楽しめることを考えれば、かなりお得感のあるツアーだと思いますよ。

パナソニック告知ページ
http://panasonic.jp/dc/g1/tour/index.html

ANAハローツアー告知ページ
http://www.ana.co.jp/travel/int_pkg/09a/china/t207/index.html

飛行機はANAと決めている私ですが、
そのANAさんのページに私の写真が掲載されているのが何とも不思議で、ちょっと恥ずかしい気分です(笑)。


クリックすると元のサイズで表示します
2010年の上海万博を前に、上海の街は大きく変わってきています。
古い下町がどんどん取り壊され、次々とビルやマンションが建てられています。
でも、今ならまだ古い下町、生きている下町を写真に残すことができます。

まさに変化のまっただ中の上海。
そんな上海を撮るには今しかありません。
【撮影:LUMIXにて】
0
タグ: LUMIX G1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ