2009/4/29

ブレとピンぼけ  デジタルカメラ
画素数も増え、カメラの性能もここまで上がると、
本当にブレやピンぼけに厳しくなってきます。
特に2000万画素オーバーのデジタルカメラでは、
パソコンの画面でチェックすると相当にシビアなことが分かります。

ピントチェックの際は基本的にパソコンの画面で100%表示をしますが、
2000万画素オーバーのカメラでは、一部分が大きく表示されるためピントのずれやブレなどが目立ってしまうからです。
といっても、別にプリントする分にはそんなにシビアになる必要はありません。
カメラ雑誌などでもせいぜいA4変形くらいですから、そこまで神経質になる必要はないんです。

でも。
編集者だって、画像のチェックは100%表示の状態でしています。
だから、ちょっとでもピントが甘かったり、ぶれていたりすると、
「ブレ、ボケのない別カットはありませんか?」などと聞かれてしまうのです。
(誌面では分からない程度のものでも、やっぱりパソコンでチェックすると気になってしまうのが人間の性というものなんでしょう。)

う〜ん。
デジカメの画素数が上がり、ビシッとした写真が撮れるようになったのは喜ばしいことですが、
それが足を引っ張ることもあるというジレンマもあります。

だから必然的に三脚を使うシーンも増えてきました。
シャッタースピードを稼ぐために、ストロボを使うことも増えてきました。
そういう時代なのかもしれませんね。



クリックすると元のサイズで表示します
昨日のロケのモデルさん。
エクセルヒューマンエージェンシー水沢 彩(あやめ)さん。
はじめてお会いしたモデルさんだったのに、それを感じさせないフレンドリーさがとっても素敵。
夕方になるとかなり寒く、鳥肌を立てながらも気合いで頑張ってくれました。
写真は解散の直前に、ブログ用にと撮った1カット。
なので、すでにコートを羽織っています(笑)。

D3Xで撮った写真ですが、この写真だって100%表示でみると、ちょっとだけブレてます。
1/125秒くらいのシャッタースピードで手持ちで撮れば、手ブレ、被写体ブレの両方が微妙に発生したりします。(ほんとに微妙で100%表示じゃないと分からないくらいですけどね)

余談ですが、私のブログ、知らないうちに「拍手」などというボタンが付きました。
でも、このボタンを押していただいて、そこでコメントを記入していただいても、それにお返事をすることはできないようなんです。
何か一言でもコメントをお書きいただけるなら、ぜひ従来からあるほうの正規の「コメント」の欄にお書きくださいね。(拍手ボタンを押すと出てくるコメント欄ではなく。)
できる限り、ちゃんとお返事しますので。

56
タグ: D3X

2009/4/26

やっぱり写真ってすばらしい  デジタルカメラ
パナソニック&ANAの上海撮影ツアーも3日間の行程を無事に終え、あとは帰国するだけとなりました。
今回の撮影ツアーで感じたことは、「やっぱり写真って素晴らしい」ということ。
自分の撮った写真が、自分の生きた証という意味でももちろん素晴らしいのだが、
写真を通じて人と人が出会えるという意味でも素晴らしい。
今回の出会いでいえば、大勢の参加者の方々と出会えました。
3泊4日という短い時間ですが、一緒に同じものを見て、写真を撮って、
そして一緒にご飯を食べる。
とっても素敵な体験でした。
ほかにも、スタッフの方々やコーディネーターの方など、多くの人との出会いがありました。
写真がなければ会うことのなかった人たちとの出会いです。

この出会いに感謝するとともに、写真をやっていて本当に良かったと感じてます。
写真ってほんとうに素晴らしいものですね。
そして今回のツアーで出会えたみなさん、本当にありがとうございました。


クリックすると元のサイズで表示します
上海の郊外の小さな街で出会った犬。
とっても凛々しい姿に思わず日中シンクロ(笑)。
これもまた出会いの一つです。
LUMIX G1にて。


クリックすると元のサイズで表示します
感動的といっていいほどきめ細やかなフォローをしてくれる現地コーディネーターのショウさん。
今回のツアーでの素敵な出会いの中の一人。

中国全土の中から選出される優秀コーディネーターとして表彰を受けるほど頼りになる存在。
冗談なのか本気なのか、「ブログに登場するのを楽しみにしている」といっていたので、その言葉を真に受けて写真付きで登場。
日本人の彼女を募集中だそうです(笑)。
LUMIX GH1にて。

22
タグ: LUMIX G1

2009/4/24

上海撮影ツアー初日  デジタルカメラ
パナソニックさんとANAさんのコラボレーション企画となる上海撮影ツアーがついにスタートしました。
3泊4日という限られた時間ですが、とにかく参加者のみなさんに上海撮影を楽しんでいただければと思っています。
日帰りの写真教室とは違い、明日も明後日も同じメンバーで撮影っていうのがなんとも楽しそう。
初日は日本からの移動もあり、そんなに長い撮影時間は取れませんでしたが、
明日は丸一日みなさんと一緒。
楽しみです。
短いような長いようなの4日間ですが、写真大好きをテーマにがんばりましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
今回の撮影機材となるLUMIX G1での撮影。
参加者のみなさんが解散されてから、パナソニックのスタッフさんなどど一緒に夜の上海をふらふら。
バスに乗って決められた場所に行き、撮影をするのは楽ちんでいいけど、
やっぱり自分の嗅覚にしたがって被写体探しするほうが性に合っています。
こういう何ともいえない中国独特の雰囲気が漂う街並みを見つけると、
無性に写真を撮りたくなってしまいます。
ということで、寝不足にもかかわらず、また歩き回ってしまいました。

10


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ