2009/6/17

オリンパス E-P1発表  デジタルカメラ
オリンパスから待ちに待ったマクロフォーサーズ機「オリンパス・ペン E-P1」が発表になりました。
パナソニックのG1/GH1もそうですが、やっぱりフォーサーズのメリットは小型化なんだと実感させてくれるモデルです。
マイクロフォーサーズというマウント規格のカメラだけあって、「一眼レフ」のレフにあたるミラーがありません。ですので、常時、ライブビュー撮影ということになります。
しかも、EVFも搭載していないので、撮影はすべて背面の液晶モニターを見ながらということになります。
E-P1と同時に発表になったM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8にマッチした外付けの光学ビューファインダーも用意されていますが、これではピントの確認や正確な構図チェックはできません。取り付けるとかっこいいのですが、実用上はやはり液晶モニターのみで撮影するということになるでしょう。

さて、このカメラですが、コンパクトデジカメから一眼(レフ)にステップアップを考えるユーザーの多くが、「大きい、重い、難しい」ということでステップアップを断念してしまうそうです。で、そんな断念ユーザーをターゲットに開発されたということらしいです。(他にもいろいろな戦略があってのことでしょうが、おおざっぱにいうとそういうことらしいです)。
うーん。確かに、もしかしたら女性に受け入れられるのかもしれません。
コンパクトからのステップアップユーザーに受け入れられるのかもしれません。
でも、それよりもいわゆるマニア層が買いそうな予感ですね。(私もマニアのはしくれですw)

でも、女性やステップアップユーザーの心に引っかかるかどうかは分かりませんが、
私の心には引っかかりました。
単純に、見て、触って、そして欲しいと思いました。
実は私はフィルムのPENを使ったことはありません。
でも、やっぱりなんとなく懐かしさもあるんですね〜。

そして、いわゆる写真が楽しくなるカメラなんだと思います。
持っていて楽しくなるカメラは、結果的にいっぱい持って歩くので、そのカメラで撮ることも増えるわけです。
ということで、楽しくなるカメラが登場することには大歓迎です。

操作性とかいろいろと書きたいことは山ほどありますが、
全部書くととっても長くなりそうなので、次の日記に引っ張ろうかと思ったり。
それから、6/20売り(土曜日なので、もしかしたら19日売り?)のカメラ誌はどこもこのカメラのネタがいっぱいでしょう。
私は玄光社さんのフォトテクニックデジタルで記事と写真を寄稿しています。
そちらもぜひご一読ください。
日記でもまたこのカメラのネタを取り上げたいと思っています。
(それくらい、ひさびさに、注目したくなるカメラってことですね)


クリックすると元のサイズで表示します
実写画像を載せて良いのかどうか分からないので、外観写真でごまかします(笑)。
コシナさんのVMマイクロフォーサーズアダプターを使えば、古いライカMマウントレンズが付けられます。
ちなみに、写真のレンズは1955年製と思われるライカLマウントレンズ。(L/Mアダプターも併用しています)
私の大好きなレンズの一つですが、こんな古いレンズが最新のデジタルカメラで使えるなんて。
しかも、外見も結構似合っていると思うんですけど。いかがでしょう。
この組み合わせで撮った写真もデジタルフォトテクニックに掲載しています。

ちなみに、このレンズでも絞り優先やマニュアル露出を使ってちゃんと撮影できます。(もちろん、ピント合わせはマニュアルですが)
G1/GH1もそうですが、こういう使い方ができるカメラって、本当に男の子のオモチャとしては最高です。
34
タグ: E-P1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ