2009/7/16

デジカメもいよいよ使い方と好みで選ぶ時代に  デジタルカメラ
オリンパスからマイクロフォーサーズ機となるE-P1が発売となりました。
ヨドバシカメラなどの大手量販店を見ると、予約がいっぱいですぐには買えないような状況みたいです。
E-P1のような趣味性の高いカメラが予約でいっぱいというのはちょっとびっくりですね。
一眼レフカメラのユーザーがサブ機として買っているのか、
それともコンパクトデジカメからのステップアップユーザーが買っているのか、
はたまたライカレンズなどをマウントアダプターを介して使いたい人が飛びついたのかは定かではありませんが、
とにかく大人気のようです。

カメラというのはクルマと同じようなもので、
すべてを一台でまかないきるというのはなかなか難しいものです。
クルマで考えてみると、
荷物を満載したければワゴンやバンのようなものがいいでしょうし、
長距離ドライブを楽しみたければ高級サルーンのようなクルマがいいでしょう。
とことん走りを楽しむならスポーツカーが一番です。

カメラもこれと同じようなことがいえると思います。
スタジオなどでライティングをしながら最大限のクオリティを求めるならバックタイプのデジタルカメラやフルサイズセンサー機がいいでしょうし、
旅行と撮影を同時に楽しむならコンパクトなレンズ交換式カメラがいいでしょう。
また、日記感覚で日常を記録していくだけならコンパクトデジカメでも十分かもしれません。

デジカメは、クルマに比べればずっと価格も安く、
大きさもコンパクトです。
なので、クルマの場合は、使い方に応じて2台、3台と所有するというのはかなりのお金持ちでないとできませんが、デジカメなら2.3台を持って、状況に応じて使い分けるということも可能でしょう。

いよいよデジカメもそういう時代になってきたのではないでしょうか。
逆説的な言い方をすれば、一台ですべてをまかなうのは難しいということ。
贅沢かもしれませんが、使い分けを考えたカメラ選びができるのが今の時代ということなのでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
エプソンR-D1sにて。
このカメラはマウントアダプターなしでライカMマウントレンズが使えて、
しかも当時としては比較的買いやすい値段のカメラだったのですが、
なぜかあまりヒットしませんでした(笑)。
APS-Cサイズのセンサーを搭載していて、
撮影画角も焦点距離の約1.5倍と、Mマウントレンズを付けてもわりと使いやすいんですけど。
今でもR-D1xGというモデルが現行モデルとして存在しているので、
趣味性の高いカメラの一つとしてもう少し注目されてもいいのになーと思っています。

4
タグ: E-P1 R-D1s R-D1xG


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ