2009/8/24

IXY DIGITAL 930 IS  デジタルカメラ
IXY DIGITAL 930 ISはキヤノンとしては初のタッチパネル液晶を採用したモデルです。
すでにソニーさんやパナソニックさんからタッチパネル採用のコンパクトデジカメが発売されています。
キヤノンはたいてい他社より一歩遅れて、なにか新しい機能を採用してくるんですよね〜。
慎重だからなのか、様子見をしているのか(笑)。

で、タッチパネルですが、個人的にはどこのモデルも今ひとつなじめない感じです。
理由はといえば、
タッチパネル操作というのは結構、タッチする場所を含めて、なかなかデリケートな操作が要求されるもので、ラフに扱うと誤操作をしてしまうからです。
再生中の拡大などもタッチでできたりしますが、思ったところを素早く拡大するならズームレバーで拡大しながら、十字ボタンで場所を選んでいくほうが軽快だったりします。

タッチよりも、ボタンのほうがクリック感があって、誤操作は少ないという気がします。
また、ボディ背面の大部分を液晶モニターが占めるだけあって、撮影中に誤ってタッチ操作を開始してしまうこともあります。
初心者に向けて、いろいろなチャレンジをすることは大いに結構なのですが、
タッチパネルはどうなんでしょうね〜?

でも、IXY DIGITAL 930 ISの場合でいえば、タッチ操作で再生画像を送ったりできるほか、カメラ本体をシェイクすることで画像送りができるアクティブ再生機能などが搭載されていて、それなりに楽しさがあります。
便利かどうかは別にして、楽しさ、斬新さという意味では評価できますね。


IXY DIGITAL 930 ISに限ったことではありませんが、
最近のコンパクトデジカメは本当にキレイに写ります。
私も家族スナップなどを良く撮りますが、
ほぼカメラ任せで本当にキレイな写真が撮れるのはありがたいですね。
単純にキレイに感じるという意味では、一眼レフをしのいでいるかもしれません。

IXY DIGITAL 930 ISは、人物や風景、さらに光の状態を自動的に判断して、最適な撮影設定で撮ってくれる「こだわりオート」というものがありますが、これにまかせておけば、ほぼどんなシーンでもキレイに撮ってくれます。
(キレイに撮れるということと、作品として撮りたいように撮れるということは別の事ですが)

一眼で作品を作り、コンパクトでその場の記念スナップをする。
これが一つのデジカメの使い分けかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
IXY DIGITAL 930 ISの撮影モードを「長秒時撮影」にして工場地帯の夜景を撮影。
長秒時撮影モードにすると、シャッター速度を1秒から15秒までの間で任意に選ぶことができます。
これでちゃんとした夜景を撮ることができます。
ただ、なぜか絞りはいつでもF2.8固定になってしまうようです。
夜景ならもう少しだけ絞って撮りたいという気もしました。

フィルム時代は、夜景撮るのに、何枚もシャッター速度を変えて撮ったのに、
今や撮りながら最適なシャッター速度を見つけられるなんて。素晴らしい時代になったものです。

それと、この写真は16:9のワイドモードで撮影しています。(液晶がワイドなんで、ワイドモードが使いやすいです)。
でも、16:9はあれど、1:1はありません。
1:1もあるに超したことはないと思うのですがいかがでしょうか、キヤノンさん。

14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ