2009/9/29

写真展、最終日(雑感)  デジタルカメラ
大阪のLUMIX サロンで開催している写真展「姉妹都市 上海・大阪」も本日で最終日。
東京に比べると大阪には写真ギャラリーも少なく、いわゆる写真展めぐりを日課のようにしている方も少ないのかもしれません。
それでも、Webサイトなどで調べて、わざわざ足を運んでくれたという方もいらして、とてもありがたいと思っています。

写真展を開催するたびに、感じること。
それは写真の見方にはいろいろあるな〜ということ。
私の写真展に来てくれる方でいえば、大きく3種類に分けられる気がします。

まずは、純粋に写真を見て、その写真について何か感じてくれる人。
次に、写真の撮り方など技術に興味のある人。
そして最後は、カメラの画質、解像度、ノイズなどが気になる人。

どうやって写真を見ていただいてもかまわないのですが、
できればまずは写真そのものを見ていただきたいものです。
な〜んにも考えずに、写真の前に立っていただき、何かを感じてもらえれば幸いです。

「私は写真のことは全然分からないんですけど〜・・・」といって感想を聞かせてくれる方のほうが、実は、写真そのものを見てくれていて、私が見せたい部分を敏感に感じ取って感想をいってくれたりします。

技術、テクニックについて聞かれる方は、いわゆるアマチュア写真クラブなどに所属されている方などが多いようで、「撮影モードは何で撮ったのですか?」とか、「ちょっとぶれているみたいなんですけど、これでいいんですか?」など、ダイナミックな質問をぶつけてくれます。
ちなみにその質問には、「ぶらしたくない写真はぶれたら困るし、ぶれたほうが臨場感のある写真はぶれててもOKだと思っています」と答えています。

そして、カメラの画質などに関して質問される方は、やっぱりノイズを気にされる方が多いです。今のカメラはよほどの高感度でなければノイズが写真の足を引っ張ることは少ないと思うのですが。いかがでしょうね。


さて、大切なことはやっぱり写真を撮り続けることかな〜などと思ったりしています。
そして、楽しむことでしょう。
楽しんで撮った写真、ワクワクして撮った写真は、その気持ちが写真に現れるんですよね。不思議なことですが、たぶん写真には気持ちが写るんです。
ということで、いつもどおりの締めくくりですが、写真を楽しみましょう。
私もまた次の写真展に向けて、写真を楽しんで撮りたいと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します
大阪、京橋の夜景。
夜の京橋の街はどことなくアジアンな怪しい雰囲気が漂っています。

コンパクトデジカメのLUMIX FX60での撮影ですが、
最近のコンパクトは、シーンモードなどを使うと、こういう面白い描写の写真も撮れたりします。
作品撮りに最適とまでは言えませんが、それなりに使えたりするんです。

9
タグ: 写真展 LUMIX FX60

2009/9/17

写真展スタート  デジタルカメラ
本日より大阪、京橋にあるパナソニックセンター大阪で写真展が始まりました。

LUMIX G1、GH1、GF1で撮った上海&大阪です。
9/29(火)までの開催ですが、とりあえず本日より9/20(日)までは毎日にいます。
後半のスケジュールはまだ見えていませんが、一度東京に戻って、できればまた大阪に来たいと思っています。

写真展会場であるLUMIXサロンが本日オープンということもあり、新聞社の方や大阪市のお役所の方などがいらしたりと、なかなかの盛況ぶりです。

上海の写真に懐かしさを覚えてくれた方や、大阪人の知らない大阪が写っているといってくださった方など、いろいろな感想をいただいています。
そして、写真を見てくれた方の感じたこと、思ったことがその場で聞けるというのがなによりも嬉しいです。
これこそ写真展の醍醐味と言えるでしょう。

お時間のある方、大阪のお近くの方、ぜひお越しください。

クリックすると元のサイズで表示します
写真展「姉妹都市 上海・大阪」の展示風景。
廊下側からみた写真です。
会場に入らなくても、廊下からも何となく写真が見られるように工夫されています。
14

2009/9/10

LUMIX DMC-GF1  デジタルカメラ
すでに発表から1週間も過ぎてしまいましたが、とりあえず私のブログとしては初登場。
最近は東京にいることが少なく、ついついブログの更新も滞ってしまいました。ごめんなさい。

さて、LUMIX DMC-GF1が発表になりました。
このカメラ、マイクロフォーサーズ規格に則ったカメラで、いわゆるレンズ交換式デジカメ。
まあ、一眼と呼ぶことが相応しいのかどうかは、私にはどっちでもよくて、ようは楽しく撮れるカメラなら大歓迎なわけです。
もともとフィルムカメラだって、一眼レフだからとか、レンジファインダーだからとかって別に問題じゃなくて、用途に応じて使い分けていたわけだし。

とにかくこのカメラ、軽くて小さいのに、なかなか操作性がいいのです。
Gシリーズの三代目モデルとして、実に良くできています。
G1、GH1も十分に小さいわけですが、GF1を前にしてしまうと、大きく見えてしまいます。
でも、実はグリップ部の大きさでそう見えているだけのようで、実際に並べてみるとそれほど大きな違いがないようにも見えます。
それでも、旅先の街をふらふら歩きながらのスナップなどでは、やっぱりGF1がいいですね〜。
ある意味、コンパクトデジカメっぽく見えるところもスナップには重宝します。(威圧感が少ないという意味で)

じゃあ、G1、GH1の存在価値がなくなっちゃったのかといえば、決してそんなことはありません。
この2台は144万ドットの高精細液晶ファインダーを搭載しているし、背面の液晶も可動式です。
一方、GF1は20.2万ドットの外付けLVFがオプションで用意されていますが、背面の液晶モニターは固定式です。
街でスナップを撮っていたりすると、比較的背面の液晶モニターが動くのが便利だったりするんですね。
そういう意味では、G1、GH1はほんと使いやすいです。
また、GF1の外付けLVFも上方には90度まで跳ね上げ可能ですが、144万ドットのLVFと比較してしまうと、ちょっと粗さを感じてしまいます。
そういう意味では、GF1は背面液晶がメインで使うほうが快適なカメラかもしれません。
LVFは晴天の屋外などで液晶モニターがよく見えないときに補助的に使うと有り難みを感じます。

それから動画については、GH1とは違い、1280×720のAVCHD Liteになっています。
1920×1080のAVCHDじゃないのか〜、残念。と思った方も多いでしょう。
私もそう思いました。
でも、動画メインとしての使い方をしない私としては、十分に満足できるものだと思いました。
ノートパソコンでもコマ落ちがほとんどなく再生できますし(笑)。
内蔵マイクがステレオじゃないのは残念ですね〜。
実際には録画してみると、ステレオとモノラルの違いはあんまり感じないというのが正直なところです。(じっくりと比較したわけではありませんが)
でも、やっぱり最新のハイビジョン動画としてはステレオで録音しておきたいな〜というのもまた正直なところ。


GF1と一緒に発表になった20mmF1.7のパンケーキレンズですが、これはいいですね。
なんと言っても、F1.7という明るさが魅力。しかもボケがきれい。
GF1に装着したときのバランスもバッチリです。
でも、残念ながらこのレンズは雑誌のお仕事でちょっと試させてもらっただけで、
あんまりじっくりと撮ってないんです。

とにかく、まもなく発売ですね。
オリンパスのE-P1とどっちにするか悩んでいる人もいるでしょう。
どっちも楽しいオモチャであることは間違いないので、
じっくりと触り比べて、気に入った方を買うのがいいんじゃないでしょうか。
あ、E-P1をすでに買っちゃった人は、とりあえずもう一台、GF1を買うべきか否かに頭を悩ませてください(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
9/17日よりパナソニックセンター大阪で写真展を開催します。
パナソニックさんとして初の写真ギャラリーをオープンすることとなり、
そのオープニングの写真展をやらせていただくことになりました。

パナソニック株式会社のニュースリリースでも発表していただきました。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn090902-3/jn090902-3.html

タイトルは「姉妹都市 上海・大阪」
上海と大阪の人と街を表現してみました。
開催は9月17日(木曜日)〜29日(火曜日)まで。
水曜日は休館日です。
とりあえず、2週間の開催のため、ぶっ通しでは会場にいられませんが、
9/17(木)から9/20(日)までは、まず毎日、大阪に詰めています。
(後半もスケジュールを調整して、会場にいたいと考えています)

写真は水都大阪の夜です。
この写真そのものは写真展には展示しませんが、キレイな大阪の夜もいっぱい展示する予定です。

大阪近郊の方は、ぜひ足をお運びください。
お待ちしております。

20


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ