2010/1/15

北京のモデル事情  デジタルカメラ
北京でも当然、プロのモデルさんはいます。
日本のモデルさんたちとの違いは、
ファッション系でなくても背の高い娘たちが多いことでしょうかね。
日本ではわりと普通の背丈のモデルさんがいっぱいいます。
ファッションモデルは背の高い人が多いですが、
雑誌やグラビアモデルなどはむしろあまり背の高くない人が多いように感じます。
でも、中国ではモデルリストなどをみても、160cm台はまれで、たいていは170cmオーバーですね。
私よりも背の高いモデルさんもいっぱいいます。
中国人ってあまり背の高くない印象があったのですが、結構背の高い女性も多いんですね。

クリックすると元のサイズで表示します
本日の北京でのモデルさん。
言葉がまったく通じないので、普段どんな仕事をしていたりとかはまったく分かりません(笑)。
というか、名前もお聞きしていたのですが、覚えられませんでした。
でも、不思議なことに撮影中は、ほとんどコミュニケーションに困ることはないんですね。
身振り手振りも入りますが、「ちょっとあごを引いて」とか、「目線はあっちに」「左手をもう少し高く」などなど、たいていのことは通じちゃいます。
言葉じゃなくても、ニュアンスで感じ取ってくれてるようです。
優秀なモデルさんほど、こっちのやりたいことを瞬時に理解して、対応してくれるんですね。
そういう意味では、本日のモデルさんも優秀な方でした。

相変わらず、北京は日中でも氷点下のため、モデルさんを使った撮影はすべて室内です。
このシーンは喫茶店の一部を借りての撮影でした。
19

2010/1/13

カメラの善し悪しの基準もまちまち  デジタルカメラ
撮影のお仕事で北京に来ています。
このところ毎年1月に北京に来ていますが、
今年の冬は特別に寒いです。
北京在住の方々が「寒い、寒い」というほど寒いです。
今日は日中の最高気温でもマイナス4℃という寒さでした。

移動中は手袋をはめているのですが、撮影のときはいろいろなボタンを操作したりするので、手袋を外しています。そうすると5分と持ちません。
まあ、カメラのバッテリーもみるみる減っていくのですが、それよりも早く人間が音を上げてしまいます(笑)。

普段とはまったく違った環境、違った価値観の中で写真を撮っていると、新しい発見があったりしますね。
たとえば、手袋をしたままでも操作しやすいようなカメラがあってもいいのでは?と思ったり、金属ボディのカメラほど冷たさが身にしみる。と再認識したり。

やっぱりカメラというのは撮影のための道具。
良くも悪くも道具なんですね。
だから、使い方や使用環境などによってもまったく善し悪しの基準が変わってくるものですね。
いつもこの環境でというのは遠慮したいものですが、たまには違った目線でものが見られていいのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します
春などは家族やカップルで賑わいを見せる北京市内の公園も、
さすがにこの寒さではほとんど人がいません。
雪原のようにも見えますが、いたって普通の公園です(笑)。
13

2010/1/9

デジカメでムービーも撮れる時代  デジタルカメラ
最近のデジタル一眼レフカメラは動画撮影モードを搭載しているものも増えてきました。
私は今までムービーはほとんど全く撮ったことがなかったのですが、
せっかく付いているのだから、使ってみようかなあと思い、最近はよくムービーでもカメラを構えてみたりしています。
やっぱりムービーとスチールってまったく違うんですよね。
でも、違うから面白いです。
自分の撮った映像を見てみると、まあがっかりします(笑)。
でも、少しは見られるようにしたいと思い、テレビで「世界遺産」などを見たり、DVDで映画などを見ながら、「ほほ〜、ムービーってこうやってカット割りするのか〜」などと研究してみたりしています。
まあ、所詮素人の趣味程度ですけど(笑)。

デジタル一眼レフにムービー機能が搭載されていると、それだけで嫌悪感を表す方もいます。
ムービー機能を省略すれば、もっと安くできるはずなのに、と。
でも、それを言ったら、ISO感度だってISO6400なんて使わないし、とか、連写速度は秒5コマもあれば十分とか、A4までしか伸ばさないから1000万画素もいらない、とかね。
言い出したらキリがないのかな〜と思ったりもします。
(まあ、動画と静止画は根本的に違うジャンルだという言い分は、確かにその通りだと思いますが)

ということで、せっかく付いている動画機能なんで、たまには使ってあげると楽しいかもしれません。
音や動きなど、静止画ではなかなか表現できない雰囲気が一発で分かったりして、それはそれで楽しいんじゃないでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
ムービーの話をしておきながら、実はこのBlogは動画がアップできないようなんです。
で、やっぱり静止画を。
今さら、お正月写真でもないんですが、たまたまぶらりと立ち寄った神社のお飾りに良い感じの光が当たっていたので。

今日はちょっと動画を撮りたかったので、LUMIX GH1を持ち出しました。
このカメラ、なにげに1920×1080のフルHD記録もできちゃうんですね。
動画にも重点を置きたいときには、このカメラが登場します。
(このカメラ、ミラーレスですから、デジタル一眼レフではありません。でも、私にとってはそのあたりはどうでもよくって、レンズ交換できる小型カメラとして重宝しています)

14-140mmなんていう高倍率ズームが付いてると、
なんか拍子抜けしてしまう反面、便利だな〜なんて思ったりもして。
でも、やっぱりレンズは単焦点レンズが楽しいんです。
今年も単焦点レンズ、ガンガン使って写真撮りたいと思っています。
18
タグ: GH1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ