2010/1/9

デジカメでムービーも撮れる時代  デジタルカメラ
最近のデジタル一眼レフカメラは動画撮影モードを搭載しているものも増えてきました。
私は今までムービーはほとんど全く撮ったことがなかったのですが、
せっかく付いているのだから、使ってみようかなあと思い、最近はよくムービーでもカメラを構えてみたりしています。
やっぱりムービーとスチールってまったく違うんですよね。
でも、違うから面白いです。
自分の撮った映像を見てみると、まあがっかりします(笑)。
でも、少しは見られるようにしたいと思い、テレビで「世界遺産」などを見たり、DVDで映画などを見ながら、「ほほ〜、ムービーってこうやってカット割りするのか〜」などと研究してみたりしています。
まあ、所詮素人の趣味程度ですけど(笑)。

デジタル一眼レフにムービー機能が搭載されていると、それだけで嫌悪感を表す方もいます。
ムービー機能を省略すれば、もっと安くできるはずなのに、と。
でも、それを言ったら、ISO感度だってISO6400なんて使わないし、とか、連写速度は秒5コマもあれば十分とか、A4までしか伸ばさないから1000万画素もいらない、とかね。
言い出したらキリがないのかな〜と思ったりもします。
(まあ、動画と静止画は根本的に違うジャンルだという言い分は、確かにその通りだと思いますが)

ということで、せっかく付いている動画機能なんで、たまには使ってあげると楽しいかもしれません。
音や動きなど、静止画ではなかなか表現できない雰囲気が一発で分かったりして、それはそれで楽しいんじゃないでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します
ムービーの話をしておきながら、実はこのBlogは動画がアップできないようなんです。
で、やっぱり静止画を。
今さら、お正月写真でもないんですが、たまたまぶらりと立ち寄った神社のお飾りに良い感じの光が当たっていたので。

今日はちょっと動画を撮りたかったので、LUMIX GH1を持ち出しました。
このカメラ、なにげに1920×1080のフルHD記録もできちゃうんですね。
動画にも重点を置きたいときには、このカメラが登場します。
(このカメラ、ミラーレスですから、デジタル一眼レフではありません。でも、私にとってはそのあたりはどうでもよくって、レンズ交換できる小型カメラとして重宝しています)

14-140mmなんていう高倍率ズームが付いてると、
なんか拍子抜けしてしまう反面、便利だな〜なんて思ったりもして。
でも、やっぱりレンズは単焦点レンズが楽しいんです。
今年も単焦点レンズ、ガンガン使って写真撮りたいと思っています。
18
タグ: GH1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ