2010/1/25

ストロボの必要性  デジタルカメラ
アマチュアの方々と話をしているとストロボの使い方がよく分からないということをよく耳にします。
内蔵ストロボはあまり使いやすくないし、外付けのクリップオンストロボもどんな場面で使うとよいか分からないという。
ということで、実はデジタル一眼レフユーザーでもストロボを持っていない人も多いようです。
ストロボは、カメラ、レンズに次いで購入するアイテムのような気もするのですが、
お持ちでない方が多いのが不思議です。
おそらく、ストロボは「暗いところで使いましょう」という謎の刷り込みがされてしまっているからでしょう。
もちろん、暗いところでストロボを使えば、明るく写すことはできます。
でも、それだけでは多くの写真愛好家が望む写真にはならないのです。

まして、今やデジタルカメラの撮影感度はISO800や1600が当たり前になりつつあります。
そうなると、ますますストロボの必要性が見えなくなってしまいます。

でも、本当はストロボを使ってでなければ出来ない写真というのも存在するわけです。
カメラ雑誌などは、そのあたりをちゃ〜んと解説してあげることが必要なんじゃないでしょうかね。
ストロボが使えるようになると、室内はもちろん、屋外でのポートレート撮影もグッとバリエーションが広がります。
とっても楽しいアイテムです。
みなさまもストロボ撮影にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
玄光社 フォトテクニックデジタル3月号のための屋外ロケ。
ポートレートのQ&A特集だそうです。
その中の日中シンクロについてのコーナー用に撮ったもの。(テストカットですが)
ストロボを使うと、写真の雰囲気がガラッと変わるので、
撮る側も撮られる側もテンションがあがります。

この日のモデルさんは、麻衣花さん(フィットワン)。
テンションあげあげの明るくて素敵な女性でした。

カメラは、愛機ニコンD3X
レンズはシグマ24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
そしてストロボはトキスター製e-Z Flash BP4.0L(バッテリー駆動のストロボ)でした。

このカメラとレンズ、ストロボの組み合わせが今、私の中でちょっとしたブームかもしれません(笑)。
18


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ