2010/3/13

CP+出演中  デジタルカメラ
すでに開催3日目となりましたカメラショー「CP+」ですが、私は毎日パナソニックブースでセミナーしています。2月に行ったN.Yの写真を見せながら、LUMIX GF1についてお話をしています。
時間は13:25〜と16:20〜の2回。各20分間のセミナーです。


パナソニックブースでは、先日発表になったばかりのLUMIX G2が展示されており、実際にタッチパネルなどの操作感などを確かめることもできます。ずいぶん注目度が高いようで、お客さんもいっぱいさわりに来ていますが、デモ機も台数が多いため、ほとんど待たせることはないようですね。

他社ブースですが、注目度の高いのはPENTAXブースのPENTAX 645 DIGITALでしょうかね。
やはりカメラショーに来るくらいの人たちですから、中判デジタルにも興味がある人が多いのでしょう。(これを目当てに来ている人もいっぱいいることでしょう)
残念ながら、タッチアンドトライコーナーは結構な人がいたため、まだ私はさわっていません。
中判デジタルといえば、HasselbladやPHASE ONEといったバックタイプの中判デジカメを出しているメーカーも出展していますが、こっちはさすがに100万円以上のカメラとあって、PENTAXほどは人が集まっていませんでした。

それからソニーブースにもずいぶん人が集まっていましたね。
ミラーレスカメラの形と大きさが体感できるウレタンのようなものでできたモックアップがいっぱい並べてあり、それを手にとることができます。ウレタンだけなので何ともいえませんが、かなり小さい感じですね。これも発売になったらきっと売れるんでしょうね。

最近はちっちゃなレンズ交換式カメラが流行のようです。
それはそれで楽しいから歓迎です。
でも、その一方で、ニコンやキヤノンといった老舗のカメラメーカーにはしっかりとしたプロ機を作り続けて欲しいな〜とも思います。
どのメーカーも頑張ってるんだな〜。
でも、もっともっとがんばれ!
不景気になんて負けるな〜!!
そんな気持ちにさせてくれるCP+です。

あ、そういえば、私、三脚メーカーのBENROブースでもお話しています。
こっちは時間未定ですが、毎日2回くらいおしゃべりしています。


クリックすると元のサイズで表示します
パナソニックブースにはGF1で撮ったN.Yの写真も展示してあります。
スペースの関係であまり数は出せないので、
イエローキャブシリーズにしました。
写真プリントは、セミナー講師陣(岡嶋和幸さん、新美敬子さん、森脇章彦さん)の写真もそれぞれ展示されています。それぞれの個性が出ていますので、ご来場の方はぜひプリントもご覧くださいね。
6
タグ: CP+


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ