2010/7/26

アマチュアの方々との交流  デジタルカメラ
本日はアマチュアの方々が集う写真クラブにおじゃましてきました。
いわゆる写真教室というやつですが、本日のメインはみなさんの撮った写真を見せていただくこと。
ほかの方が撮った写真を見せてもらうというのはとてもいい刺激になります。
みなさんが何を見ているのか?
何を感じて、どんなときにシャッターを切るのか?
どんな写真がお気に入りなのか?
などなど、見せてもらって勉強になることはいっぱいあります。
写真を見ながら「もし自分だったらこう撮るかな〜」とか、「これは私には撮れない写真だなあ」とか。
上手い下手というよりも、その方の気持ちと目線を知ることができるのが楽しいです。

でも、その一方で写真を見せると言うことの難しさも実感します。
何かを訴えてくるパワーのある写真、気持ちいい写真、美しさにほれぼれする写真。
やっぱり作品というからには、見た人に何かを感じてもらえるものを見せたいもんだなと思ったりしました。

撮るばっかりでなく、見るというのも楽しいものです。
プロだろうがアマチュアだろうが、写真を見せてもらうのは楽しいものです。
そして写真を通じて知り合った人たちと交流するのが何よりも楽しいのです。
だって、写真がなければ知り合うことのなかった人たちと濃厚なひとときを過ごすわけですから。

クリックすると元のサイズで表示します
あまりに暑い一日だったので、写真教室の帰り道に「なんか夏らしい写真は撮れないかなあ」と思い、荒川の河川敷へ。
今日の思い出を残すための1カットです。
リコー GXRに50mm相当の単焦点レンズGR LENS A12を装着しての撮影です。
やっぱり50mm相当の自然な遠近感って好きですね、私は。
9
タグ: GXR


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ