2010/8/9

夏の風物詩  デジタルカメラ
夏の風物詩といえばやっぱり花火大会。
私も年に1・2度くらいは花火を見る機会があります。
花火は写真で撮るよりも目で見て楽しむ方がいいですね。
花火を見ながらのんびりと夏を味わう。
そんな粋な花火鑑賞がいいのではないでしょうか。

でも、やっぱり撮りたくなってしまうんです。
これはもうサガなのかもしれません。
お祭りとか花火とか、なにかイベントがあるときには必ず一生懸命写真を撮ってしまいます。
別に仕事ではありません。
ただ、目の前に見せられるとついつい撮りたくなってしまうだけです。
「楽しいイベントでした」という思い出を残すためだけの撮影です(笑)。
でも、それもまた楽しいのでいいんじゃないかなあと自分では思っています。

みなさんはどんな夏の思い出を撮られましたか。
まだこれからいっぱい撮る方もいるでしょう。
日本には四季があります。
日本ほどはっきりとした四季がない国もいっぱいあるんですね。
そういう国に行くと、日本は春夏秋冬があって素敵なんだなあと改めて実感します。

まだまだ暑い日が続きますが、夏を楽しみましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
大阪の淀川の花火大会。
楽しい思い出のための1カットです。
LUMIX G2 + 14-140mmにて。
モノクロ写真大好きな私ですが、さすがにこれはカラーで撮りたいですね〜(笑)。
16


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ