2010/8/15

コンパクトデジカメへの接し方  デジタルカメラ
コンパクトデジカメというのはどうしても一眼レフなどのサブカメラ的な使い方になってしまうことが多いです。
コンパクトデジカメだから作品が作れないということではなく、作品を撮ろうと思うとやっぱり一眼レフなどを持ち出してしまうわけです。レンズ交換ができるのでやっぱり自分のイメージに合わせた写真が撮りやすいからです。


でも、本当にそれがコンパクトデジカメの正しい使い方なのでしょうか。
もっともっとコンパクトデジカメも使い込むことによってなにか違う側面が見えてくるのかもしれません。
コンパクトデジカメをメインカメラとして使ってみてもいいかもしれません。

コンパクトデジカメだって画質はずいぶんと良くなりました。
操作性はやっぱり一眼レフには劣るかもしれませんが、もっと色んな楽しみ方ができるような気もしています。
たとえば、コンパクトデジカメだけを持って旅に出てみるとか。
1週間、一眼レフは使わず、コンパクトデジカメだけで写真を撮ってみるとか。
(仕事の内容によっては無理な場合もありますが。)

フルオートでの使用が大前提のコンパクトデジカメだとちょっと厳しい面もあるかもしれませんが、ちょっとマニュアル操作ができるカメラならけっこう行けるんじゃないでしょうか。
一眼レフと同じことを求めても仕方がないでしょう。でも、違うなにかがあるような・・・。

なんかいろいろとやってみたい気がしています。
その上で、メーカーさんにリクエストをすれば、今までとは違ったリクエストができるかもしれません。

作品撮りならレンズ交換ができる一眼レフ。ちょっとしたスナップならコンパクトデジカメ。
それだけじゃつまらない気もしてきました。

なにか新しいことにチャレンジしてみるもの良い時期なのかもしれません。
ある意味、頭打ち感のあるコンパクトデジカメですが、何かが見えてくるかもしれません。
そんなことを考えている今日この頃です。

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX LX5のテスト機がやってきたので、ちょっと何か面白いものが撮れないかなあと思いやってみました。
例えば、ホワイトバランスを変えてフィルムモードも変えて、露出もいじって。
最近、雑誌などでよくこんな色味の写真を見るなあなどと思いながら・・・・。
(パソコンでの後処理ではなく、各種設定を変えて撮ったそのままの写真です)

クリックすると元のサイズで表示します
同じシーンをマイカラーモードにあるサンドブラストで撮ってみたり。

いろいろやってみるとなかなか面白いものです。
そして色んなことが見えてきます。色んなことに気がつきます。
マイカラーモードの中でも露出補正ができるモードとできないモードが混在していることなども発見しました。
これも本気で使ってみないとなかなか気がつかなかったりします。
っていうか、全部、露出補正できるようにしてほしいんですけど・・・。

ちなみに、LX5、普通に撮ればすっごくまっとうに撮れる良いカメラです。
カメラ任せできれいに撮れてくれます。
しかも、LX3もかっこよくて好きでしたけど、LX5ではさらに洗練されてかっこよくなっています。
その話はまた別の機会にでも。
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ