2010/10/26

高機能コンパクトの勧め  デジタルカメラ
コンパクトデジカメとデジタル一眼レフカメラの間に存在するカメラはおおざっぱに分けて2種類でしょうか。

一つはいわゆるミラーレス一眼などと呼ばれるレンズ交換式カメラ。
そしてもう一つは高機能コンパクトとか高級コンパクトとか呼ばれるタイプ。

マイクロフォーサーズ規格などのレンズ交換式カメラは、やっぱりレンズ交換ができるだけあって、どちらかといえばデジタル一眼レフカメラに近い存在といえます。
一方、高機能コンパクトはといえば、当然ながらレンズ交換はできません。
リコーのGXRのようなレンズとセンサーごとユニットとして交換できてしまうカメラは例外ですが、基本的にはレンズ交換はできないといってよいでしょう。
そのため、どんなに高機能でもやっぱりコンパクトデジカメに含まれるわけです。

ですから、所詮はコンパクトデジカメだと思ってしまうのも仕方がないかもしれません。
そしてコンパクトデジカメだと思うと、どうしても本格的な撮影や作品撮りには物足りなさを感じてしまう気がするのです。
でも、本当に物足りないのかといえば意外とそうでもなくて、旅行スナップなどではけっこう作品撮り用のカメラとしても行けちゃったりします。
物足りない気がするだけで、実は相当な実力者だったりします。
あと、コンパクトデジカメの特徴としてマクロ撮影に強いというのをそのまま継承しているのも見逃せません。旅行などではけっこうマクロを使うことって多いんですよね。食事やお土産なんかを撮ったりするのに重宝します。

高機能コンパクトといえば、リコーのGR DIGITAL III、パナソニックのLUMIX LX5、キヤノンのPowerShot G12などが挙げられるでしょうか。

どのカメラも画質にこだわったり、レンズにこだわったりしているだけでなく、操作性もよく考えられています。
操作性のいいカメラは撮影が楽しくなるし、持ち歩く機会が増えます。
ということは、結果的にいい被写体に出会う確率が高くなって、良い写真を撮れる可能性が高くなるわけです。
デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジカメの2台を使い分けているという人は多いと思いますが、
これに高機能コンパクトを加えてあげると、さらに写真が楽しくなります。きっと。

ということで、デジタル一眼レフカメラやミラーレス機とコンパクトデジカメの狭間にいる高機能コンパクトですが、
機会があればぜひ使ってみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
PowerShot G12ですが、前モデルのG12からスペック的にはあまり大きな変更がないようにも見えます。
でも、細かな部分を見ていくと、動画がハイビジョンになったり、角度ぶれとシフトぶれの2種類のぶれを補正するハイブリッドISが搭載されたりと、やっぱり進化しています。
私としては、小さなカメラほど気軽に動画が撮れるので、G12の動画がハイビジョンになったことは素晴らしい進化だと思っています。ただ、欲を言えば、他社のカメラによくあるように、動画専用のスタート/ストップボタンを搭載して欲しいところです。モードダイヤルで動画に切り替えるのは、動画と静止画の両方を撮りたいというときの瞬発力に欠ける気がします。
高感度に関しては、通常モードでISO3200まで行けますが、コンパクトデジカメとしては非常に優秀。でも、一眼レフカメラと比較してはいけません。という感じでしょうか。
まあ、センサーサイズが全然違うのですから、比較対象にすること自体間違っているのですけど。

高感度はさておき、日中など光がキチッと回っている環境ではビックリするくらいきれいに撮れます。
シーンモードに搭載されたオールドポスターやノスタルジックというモードもなかなか楽しませてくれます。
ISOダイヤルや露出補正ダイヤルなどを独立して設けているこのカメラは、いろいろといじりながら撮影するとけっこう楽しいものです。
19

2010/10/16

D7000雑感  デジタルカメラ
ニコンが発表したミドルクラスのデジタル一眼レフカメラ「D7000」ですが、
これがビックリするくらいに良くできています。
どれくらい良いのかといえば、DXフォーマットのフラッグシップ機となるD300Sの立場はどうなっちゃうの?って思うほどです。
確かに、D300Sは連写速度が7コマ/秒(ルチパワーバッテリーパック装着で8コマ/秒)だし、AFポイントも51点AF。
でも、通常の使用ならD7000の6コマ/秒でもまず不満に思うことはないでしょうし、AFポイントも39点もあれば十分だし。10ピンターミナルやシンクロターミナルがないのはちょっと残念ですが、これがないと困るって人も少ないでしょう。(D3系とアクセサリーが共用できないのが痛いという人はいると思いますが)


しかも、D7000はD90とほぼ同じ大きさだし、重さも気がつかないくらいの重量増です。
D300SとD90の間には確固たる違いが見いだせましたが、D7000になってしまうともう大きな違いはないように思えます。それどころか、画素数、解像力、発色、露出のどれをとってもD7000のほうが扱いやすい。
ファインダーもD300Sと同じ、視野率100%です。やっぱり100%は気分がいいです。自分でフレーミングしたとおりに写ってくれますから。

う〜ん、これはD90ユーザーどころかD300Sユーザーも買い換えを検討しなければなりません(笑)。
もちろん、D90だって、D300Sだって使っていて満足できていれば無理に買い換える必要はありません。
ただ、両方を使い比べてしまうと、D7000はずいぶんと進化したんだなあと感心させられてしまいます。
おまけに価格がお手頃ということで、買い換えちゃう人も多いのかもしれませんね。

発売まではまだ時間があるようですが、もし少しでも早くD7000の良さを実感したいという方は、この週末に開催されているNikon Digital Live 2010に行ってみると良いかもしれません。
私も本日、ちょっと遊びに行ってきました。
阿部秀之さんや中井精也さんの楽しいトークイベントもあるし、
モデルさんの撮影コーナーもありました。
場所も秋葉原ですので、東京の人は秋葉原でハードディスクなどを買いに行くついでに立ち寄るというのも手かもしれません。


クリックすると元のサイズで表示します
ベータ機を使っただけでも、ISO6400で街スナップならいけちゃうかもしれない。
そんな気にさせてくれるD7000です。
製品版になったら相当に高感度もさらに期待できるんじゃないでしょうか。
D300Sだって十分に高感度に強いカメラなんですけどね。

ただ、個人的なことをいえば、私はよっぽどのことがない限りISO6400は使いません。
画質が心配だからというだけでなく、そもそもそんな高感度を使う習慣と必要なシーンが私の撮影スタイルにはないからです。
ISO800でシャドーにノイズの乗らないポートレートが撮れるならそれで十分かなあ。そっちのが私にとっては重要ですね。(明るい単焦点レンズでISO800なら大抵のポートレートが撮れますので)


最近のブログ、ニコン ネタが少ないんじゃないと冗談ながらにお叱りを受けたので、さっそく更新。
(あくまでも冗談の会話です)
ベータ機とかって、いろいろと制約があって、いつのタイミングで使用感などをしゃべって良いのか悩むところなんです。悩んでいるうちについつい書きそびれてしまったりして(笑)。
21

2010/10/9

リコー GR DIGITAL  デジタルカメラ
更新が滞ってしまいました。すみません。
ちょっとカメラ関係の本を丸ごと一冊作っていて、それに日々追われ・・・。

ですが、今日はちょっと楽しいイベントにおじゃましてきました。
それは、GR DIGITAL 5周年記念イベント「GR PARTY」。
表参道ヒルズで開催された1日限りのイベントです。
会場に行ってみると大勢のお客様がいてすごい熱気。
どうやらリコーファン、GR DIGITALファンの方々が詰めかけているようで。

デジタルカメラは製品サイクルが短く、どうしてもメーカーさんはのイベントは新製品に関するものになりがちです。
もちろん、新製品イベントは発売前の製品を触れて楽しいのですが、やっぱりセールス的な要素も多くなってしまいます。
参加するお客さんも、「買うか、買わないか」みたいな、ちょっと力の入ったところがあったりして。

その点、今回のGR PARTYは、GR DIGITALシリーズのお誕生日会ということで、まあいわゆるお祭りですね。
メーカーとユーザーが一体となって楽しむお祭り。
メーカーもユーザーも買う、買わないなんてことは二の次という感じです。
こういうことができるっていうのはとっても素敵なことだと思います。

写真を楽しむこと、カメラを楽しむこと。
これってやっぱり大切だと思うんですね。
写真を楽しむためには、やっぱり気に入ったカメラを使うこと。
リコーさんは、カメラに愛着を持ってもらうために、あえて商売抜きのイベントをやったんだと思うのです。

不景気が続くこんな時代だからこそ、楽しむことが大切なんだと思います。
今日のイベントで、GR DIGITALの楽しさを再認識した人もいっぱいいたことでしょう。

写真を楽しみましょう。カメラを楽しみましょう。
そして仕事も頑張りましょう。(自分に言い聞かせてるわけですがw)


クリックすると元のサイズで表示します
GR DIGITAL IIIにて。
GRデジタルシリーズの面白いところは、ときどき機能を拡張してくれるファームアップをおこなってくれる点。
つい昨日もGR DIGITAL IIIの第三弾ファームウエアが公開され、
ハイコントラスト白黒やクロスプレセスといった新モードが搭載されました。
モノクロが大好きな私としてはさっそくハイコントラスト白黒を試してみたく、雨の原宿をうろうろ。
オリンパスなんかのラフモノクロームも面白いですが、あれに比べると粒子の荒れた感じはほとんどなく、まさにハイコントラスト白黒って感じです。
このあたりはメーカーごとにポリシーがあって面白いものです。
8


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ