2010/11/27

写真普及活動のお手伝い【告知】  デジタルカメラ
今日はいつもと違った話題。
日頃お世話になっている写真家の佐藤仁重さんからお願いされていたのを忘れてました。
写真普及活動の一環と言うことで毎年行っているイベントだそうです。
なるべく多くの人たちに知ってもらいたいため、私のブログでも告知してくださいというお願いをされていました。

12/18(土)に、最近、ゆる〜い写真で人気の写真家・中井精也氏のフォトトークショーが開催されるそうです。
鉄道写真に興味のある方、ゆる〜い写真に興味のある方、ふるってご参加ください。
ちなみに、私は当日会場に足を運ぶと思います。

詳しくは以下のパンフレットを見てくださいね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/11/24

LUMIX GF2登場  デジタルカメラ
LUMIX Gシリーズの小型軽量モデルとして、あらたにLUMIX GF2が発表となりました。
GF1をさらに小型化したモデルで、さらに持ち歩きに便利になりました。
AVCHD形式のフルハイビジョンムービーも撮れるようになりました。
そして、3型の液晶モニターはやはりタッチパネルに。
G2などと同じように画面をタッチするだけでAFでピントを合わせたり、タッチでシャッターを切ったりできます。
また、初心者にもボケを楽しんでもらえるようにと、「タッチぼかしコントロール」機能が搭載されました。
これは画面のスライダーを動かすことで、実際に写真に写るボケ具合を確認しながら、好みのボケとなるように絞り値を設定できるというものです。
コンパクトデジカメからレンズ交換式のデジカメにステップアップしたユーザーの多くが、「背景がぼけた写真が撮りたい」という欲求があるようなので、そういう意味ではなかなか面白い機能といえるでしょう。
ほかにも、マイカラーモードを進化させたりと、かなり初心者にやさしい設計となっています。

ただ、モードダイヤルをなくしてしまったので、私のように頻繁にいろいろなモードを使ったり、設定変更するユーザーにはちょっとタッチパネル操作がまどろっこしく感じる場面もあります。
あと、カメラが小さいので、カメラをホールドしているときに間違って液晶にタッチしてしまい、設定が変わってしまうということもありました。どちらかというと女性など手の小さな人のほうが使いやすいのかもしれません。

まあ、このカメラ。GF1の進化形というよりは、GF1のさらにエントリーモデルという位置づけという感じでしょうかね。
オリンパスで言えば、E-P1、E-P2に対して、E-PL1が出てきたような感じで。
進化している部分もあれば、カメラに詳しい人には物足りなくなってしまった部分もあります。
選択肢が増えると言う意味では、こういう新しいモデルが登場するというのもありでしょう。


クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.。
このレンズが楽しくて、面白くて。
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.に引き続き、
やっぱりLUMIX Gシリーズには単焦点レンズが似合います。
16

2010/11/8

PowerShot S95は贅沢なカメラなのでは?  デジタルカメラ
なんだかPowerShot S95というカメラがとても贅沢なカメラだという気がしてきました。
なぜって、サイズ的にはIXYのようだし、一見するとただのコンパクトデジカメのかっこいいバージョンのようにも見えます。
でも、レンズはワイド端でF2.0ととっても明るいレンズを搭載し、さらに前後の電子ダイヤル(コントローラーリングとコントローラーホイール)を装備しています。
キヤノンの一眼レフカメラでは、前後ダイヤルを搭載しているのは中級モデル以上ですから(笑)。
さらに、コントローラーリングに特定の機能を割り当てたり、ショートカットボタンなども装備していて、かなり自分好みの操作系に仕上げることが可能です。
シーンモードにもHDRやノスタルジックなど面白いモードがいっぱい入っています。

まあ、だからそこカメラ好きに注目されているのでしょうが、なんだか贅沢なカメラなんだな〜と。
IXYシリーズは以前から優等生すぎるところがありましたが、
PowerShotシリーズはS95のように尖ったモデルが多いですね。
G12もそうですが、コンパクトデジカメでもいろいろやってくれるのが嬉しいです。

最近、どうもコンパクトデジカメが楽しくて仕方ありません。
毎日、取っかえ引っかえいろんなコンパクトデジカメを持ち出しては、
いろいろなモードで撮ってみたりしています。
コンパクトデジカメだって捨てたもんじゃありません。
きっともっともっと面白いカメラが出てくるに違いありません。

クリックすると元のサイズで表示します
PowerShot S95のノスタルジックモードで撮影したもの。
時を経た写真のようになるというモードで5段階の調整が可能です。
でも、私にはどうも時を経たようには見えず・・・(笑)。
でも、なんか味があって気に入っているモードです。
こういうシーンでもキヤノンのカメラはどんどんISO感度を上げます。
暗いとすぐに感度を上げます。
まるでノイズがでることなど気にしていないかのように。
そんな割り切りの良さが好きです。
15


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ