2010/12/27

正しい色、正しい明るさってなんでしょう  デジタルカメラ
デジタルカメラはどんどん進化してきて、さまざまなシーンで正しい色、正しい明るさが得られるようになってきています。
オートホワイトバランス、オート露出で正しく撮れる。

でも、正しい色、正しい明るさって何なんでしょうね。
写真は「真実を写す」といいます。
でも、真実ってなんでしょう。
測定器で測ったとおりに写ることでしょうか?
「正しい」というのは、その人が見たまま、感じたままという意味なのではないでしょうか。
そうすると、正しさは人によって違うことになります。
ある被写体をみて、その明るさに目が行った人は明るく写ることが正しさだし、
暗い部分に惹かれた人は、暗さが強調されて写ることが正しさなんでしょう。

色も同じだと思います。
正確な発色が必要な場面もあれば、あくまでも印象に近い色がいいという場合もあるでしょう。

カメラ雑誌のテストは、基本的に印象やイメージというよりは、測定器のデータとしての優劣を語ることが多いです。
もちろん、それが間違っているわけではないでしょう。
個人の好き嫌いではなく、中立的な立場で読者にカメラの良し悪しを伝えるには、やっぱり基準が必要だからです。

ただ、カメラを使う人がそれだけに振り回されてはいけないと思うのです。
あくまでも自分のイメージする写真が撮れるかどうかが一番大切なのではないでしょうか。
もちろん、そのためにはカメラが正しく画像データを記録してくれることが必要です。
その上で、自分なりの色と明るさを作り込んでいくのが、カメラを使いこなすということではないでしょうか。

ちなみに、正確な色や明るさにしろ、自分のイメージ通りの色や明るさにしろ、それを見るモニターは正確であることが必要です。
カメラも液晶モニターももっと正確になってほしいし、パソコンのディスプレイは正確な発色ができるものを使い、カラーマネージメントツールでより正確に写真を表示できるようにしなければなりません。
そういう意味では、パソコンのディスプレイこそ、お金をかけなければいけないアイテムといえますね。

クリックすると元のサイズで表示します
ライカM9で撮った写真を、自分のイメージに近づけるように調整したもの。
はっきり言って、M9は正確な発色は苦手です。
カメラ任せのオートホワイトバランス、AEではまず正確に記録できません。
でも、私にはとっても素敵だと感じる、色と明るさに写ってくれます。
そういうカメラに出会えたことに感謝しなくちゃですね。
10

2010/12/26

新しいカメラを使うということ  デジタルカメラ
カメラを新しくしたからといって、急に写真が上手くなるというものではありません。
古いデジタルカメラよりも新しいデジタルカメラのほうが、
発色や露出の精度が良くなっていたり、画素数アップによる解像力が上がっていたりします。
でも、だからといって写真が上手くなるわけではありません。
では、新しいカメラを手に入れるということはあまり意味のないことなのでしょうか。

カメラが変わると気分が変わります。
気分が変わると、被写体の見え方も変わってくるし、撮り方も変わってきます。
だから、カメラが変わると写真が変わるのだと思うのです。
カメラが新しいからよい写真が撮れるのではなく、カメラが変わったことによる自分自身の気持ち、モチベーションが変化して、その結果として写真が変わるのだと思います。

ですから、とにかく最新型のカメラ、最高画質のカメラを手に入れる必要はないと思います。
もちろん、お仕事で写真を撮る場合には、それらのことを要求されることもあります。
でも、写真を楽しむという意味においては、それほど最新、最高にこだわる必要はないのではないでしょうか。
とにかく、どんなカメラでもいいので、気分が変わるカメラを使ってみるとよいと思います。
気分が変わるためには、あんまり変化のないカメラを選ぶよりは、メーカーが変わったり、レンズが変わったりと、今までとは違う要素が多い方がいいかもしれません。

そして気に入ったカメラに出会ったら、とことん使い倒してください。
カメラも機種ごとにクセがあって、それを体が覚えないとなかなか思い通りの写真にはなりません。
ときには、思い切ってカメラを換え、そしてとことん使い倒す。
そういうカメラとの接し方もまた楽しいものです。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、告知を一つ。
ニコンが行っている写真教室「ニコンカレッジ」で、1つ講座をやらせていただくことになりました。
以前、単発でやったことはあるのですが、4日コースというのは初めてです。
そのうち告知しようと思っていたら、すでに空き状況が「残りわずか」と表示されていたので、
慌ててブログでも告知しようと思いました。
興味ある方は、
https://recept.nikon-image.com/nikoncollege/CourseDetailGuidanceInit.do?termCode=29&subjectCode=Y&courseNo=2
をご覧ください。
2011年2月19日(土)からの土曜日コースです。
場所は横浜となります。

写真は夏に北海道に行ったときのもの。
D7000(ベータ機)を借りて、北海道各地を転々と旅しました。
自然風景を撮りに長旅をすることはあまりありませんが、
たまにはこういう風景を探し歩くのも楽しいものです。
ニコンカレッジの告知用に使用した写真ですが、
あまりにも小さかったので、ここでも使ってみました。
6

2010/12/24

MerryXmas!!  デジタルカメラ
2010年もいよいよ終わりといった感じですね。
そして今日はクリスマスイブ。
普段は自分のデジカメを購入することで頭がいっぱいの方も、さすがに今日ばかりは家族や恋人へのプレゼントのことで頭を悩ませたのではないでしょうか。

カメラやレンズを買ったり、そのことに頭を悩ませるというのはとっても楽しいことです。
でも、それと同じくらい、プレゼントのことで悩むというのも楽しいですね。

写真もプレゼントも同じで、どっちも相手が喜んでくれるにはどうしたらいいだろうと考えることだと思うのです。
「自分が」ではなく「相手が」と考えることが大切なんではないでしょうか。
ポートレートだけでなく、風景、スナップでもなんでもそうだと思うのです。
被写体に対する愛情が写真には写るのです。
それと同時に、写真を見る人のことを考えると素敵な写真が撮れるのではないかと思います。

話は変わりますが、
最近、クルマで走っていると、自分勝手すぎる運転をする人が多いんじゃないかなと思っています。
昔、「お先にどうぞ」「ありがとう」という交通標語がありました。
これが大切なんではないでしょうかね。
そんなことを思い、自分の運転を振り返って、とにかく譲れるところはどんどん譲ろうと思うようにしました。
そうすることで、自分自身が無駄にイライラしなくて、結果的に自分が快適になります。
やっぱりゆとりって大切なんですね。
写真も運転も人生もゆとりを持っていきたいものです。

というわけで、みなさま。
『MerryXmas!!』
素敵なクリスマスをお過ごしください。

クリックすると元のサイズで表示します
街で見つけたクリスマスツリー。
ガラスに貼り付けられた平面のツリーでしたが、
キラキラと輝いていて素敵でした。
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ