2010/12/12

カメラは道具  デジタルカメラ
昨日は大阪で忘年会に参加してきました。
もちろん、カメラ関係の集まり。
お酒の席とはいえ、話はやっぱりカメラ、レンズ、写真のこと。
これが盛り上がるんですねえ。
でも、面白いのが、技術的な話よりも感覚的な話の方がお互いの意見が交換しやすいということ。
確かに、私は技術者ではないし、理系の人間ではないので、相手が「こんな難しい話をしても理解できないだろう」と、わざと技術的な話に進んでいかないのかもしれませんが、あのカメラのあの色が好きとか、あのレンズの光量落ちが気持ちいいとか、あのシャッターボタンのフィーリングがとか、そういう抽象的な話の方が、どんどん話が広がっていきます。
やっぱりカメラは道具であって、目指すものは写真ということなんでしょう。
カメラと写真、技術と感覚が別々のものになってはいけないのと思うのです。
カメラは写真を撮るために存在しているし、技術は感覚を満たしてくれるものでなくては。

そんなことを改めて感じさせてくれる楽しい忘年会でした。
「歴史は夜作られる」と言いますが、夜の飲み会の席でお願いしたこと、いくつかは叶えてもらえるといいな〜と思ったりしております(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
翌日はぶらりと大阪散歩。
LUMIX GF2に 20mm/F1.7 ASPH.を付けて、気軽なお散歩。
カメラとレンズは軽かったのですが、
肩から提げていたバッグに、MacBookやら充電器やら着替えやらが入っていて、そっちの重たさにめげました(笑)。
やっぱり荷物はトータルで軽くないといけないと実感。
ちなみに、お散歩のお伴には、GF2+20mm/F1.7&14mm / F2.5の2本セットが無敵の組み合わせです。
交換レンズも上着のポケットに入れられるし、撮らないときはカメラもポケットに入っちゃいます。

そういえば、せっかく12月に入って毎日更新していたのに、昨日はブログのサーバーが24時間メンテナンスなんてしていたために、更新できませんでした。
別に酔っ払って更新を忘れたわけではありません(笑)。
20


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ