2010/12/18

気に入ったカメラを使うということ  デジタルカメラ
カメラは写真を撮るための道具であって、
所有するためのものではありません。
だから、本来の目的からすれば、ちゃんと撮れること、正しく撮れることが一番大切なことであって、色や形、ボディの質感などは関係ないはずです。
でも、なぜかカメラっていうものは、持ったときの喜び、見ているだけで楽しくなる形や色などが気になるものです。
しかも、色や形、デザインの良し悪し(あくまでもその人個人の主観)によって、撮れる写真が変わってくるのです。
その一番の理由は、気に入ったカメラは持ち歩きたくなるし、シャッターを切りたくなるから。
カメラはどんなに高価なものでも、持ち歩いてシャッターを切らなければ写真は撮れません。
気に入ったカメラほど、持って出歩きたくなるし、写真を撮りたくなる。その結果として、被写体に出会うチャンス、良い写真が撮れる可能性が高くなるというわけです。
私も過去にいろいろなカメラを購入しました。
でも、どこかしっくりこなかったカメラで撮った写真に傑作は少ないんですね。
だって、あんまり撮ってないから(笑)。

そういう意味では、カメラはデザインや色、操作のフィーリングなどがとても大切だといえるでしょう。
もっといえば、ブランドイメージも大切です。
そのことを一番よく分かっているのが、ライカというカメラかもしれません。
「ライカ」だから。
それは写真が楽しくなる魔法の言葉なのかもしれません。
はっきり言いますが、デジタルカメラに関して言えば、ライカよりも国産のデジタルカメラのほうが、よっぽど正しく写ります。カメラ任せでシャッターを切ったときに、確実にちゃんと写してくれるのは国産のカメラです。
でも、だからこそ、ライカを持ったときには、思い通りの写真が撮れたときの喜びが大きいのかもしれません。
「ちゃんと写すことが難しいカメラで、ちゃんと撮れると嬉しい」。なんとも変な話ですね。
でも、写真ってそういう楽しさもあっていいと思うのです。
レンズも一緒。
解像力が高く、収差も光量落ちもないレンズは確かに素晴らしいレンズですが、でも、そうでないクセばかりのレンズもまた楽しいものです。
写真を楽しむと言う意味では、いろんなカメラ、レンズを使うのがいいと思うのです。
どれが一番いいかではなく、どれが今の自分の気分にあっているかで選ぶ。
そんな写真ライフも悪くないと思いませんか。


クリックすると元のサイズで表示します
銀座にあるライカカメラジャパンの直営店
お店のレイアウトやデザイン、カメラの展示方法までライカとしてのブランドを意識したものになっています。
カメラ屋さんというよりは、ブティックのような感じです。
2階には写真ギャラリーも併設されています。

販売もしていますが、別に買わなくても気軽に入れるお店です。
まだ行ったことのない方は、ぜひ一度行かれてみることをオススメします。
お店を見てみるだけでもライカらしさを感じることができると思いますよ。
11


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ