2011/1/28

E-PL2発売  デジタルカメラ
オリンパスからマイクロフォーサーズ規格のカメラ「E-PL2」が発売になりました。
なんだかオリンパスさんはこのPEN Liteシリーズをえらいペースで出してくるもので、何よりもそれに驚きますw。
でも、どんどん新しいカメラを発売して、勢いをつけて欲しいですね。

私も最近はデジタル一眼レフよりもこういうったコンパクトなデジカメを使うことが増えています。
旅のお供や街風景の撮影では、大きなデジタル一眼レフよりもコンパクトなカメラの方が機動性も高く、また目立たないので撮影しやすいです。

E-PL2に関しては、E-5で評判の「ドラマチックトーン」が加えられました。(間違えてE-3と書いてしまいました。正しくはE-5です。修正しました。)
これは日常の見慣れた景色を非日常に変えてくれる魔法のフィルターで、実に楽しめます。
以前にも書きましたが、アートフィルターは撮影者のアートというよりはオリンパスのアートという感じ。
でも、なんとなくアートに見えちゃう写真を簡単に撮ることができるという意味では、存在意義のあるモードだと思っています。
また、E-PL2のアートフィルターでは、「ポップアート」や「ラフモノクローム」、「トイフォト」にバリエーションが増え、自分好みの仕上がりに近づけられる可能性が増えました。アートエフェクト機能などというものも搭載され、よりいっそうアートフィルターに力が入れられています。
各社ともこの手のフィルターを搭載するのが流行みたいですが、使っていてもっとも楽しいのはやっぱりオリンパスのカメラ。オリンパスにはぜひともこのアートフィルターで行くところまで行ってほしいですね。

ただ、E-PL1sにはあった「ジェントルセピア」がなくなってしまったのはちょっと残念。
モノクロが楽しくなるモードは残しておいて欲しかったという気がします。
アートフィルターは1個増やして1個減らすのではなく、どんどん追加で増やしてくれればいいのに。
開発的には増やし続けていくという方向性は難しいのでしょうかね。
まあ、評判のモードを増やし、いまいちだったものは外すという潔さがオリンパスらしさなのかもしれません。

また、初心者により優しくということで、ライブガイドが進化しました。
デジタルカメラはどんどん写真というかカメラの理論、知識がいらない方向に進んでいくのですね。
便利なような、ちょっと寂しいような。 

どちらにせよ、レンズ交換式でこの大きさ。
誰でも気軽にアート気分が味わえるカメラとして、ちょっと写真を楽しんでみたいなあという写真趣味予備軍の人たちに訴求できるといいですね。
もっともっと写真好きが増えてくれるとうれしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
E-PL2(ベータ機)のドラマチックトーンにて撮影。
本当にドラマチックな写真が撮れます。
こればっかりを撮るというのもどうかとは思いますが、
撮っていて楽しいことは間違いなし。
趣味の写真は楽しむことが一番です。
ということで、このモードはほんとにオススメ。

ニューヨーク滞在中、明け方にブログ更新しているため、ちょっと眠くて、話にまとまりがなくてすみません。
このあと、夜明けの街の撮影に出かけます。
13

2011/1/27

今しか撮れないもの  デジタルカメラ
写真はどんな被写体でも基本的には今しか撮れないものがほとんどだと思います。
スタジオで製品のブツ撮りをする場合などは今じゃなくてもいいのかもしれませんが、
人物や風景などは今、この瞬間を逃すと二度と同じものは撮れないのだと思います。
だからこそ、被写体を見つけたら自分なりに最善の表現方法として撮影をおこなうのです。

そのときに大切なのかカメラとレンズ(場合によっては三脚やストロボといったアクセサリーも)です。
自分が撮りたいイメージ通りに撮影できるカメラがいいカメラなのだと思います。
できることならいつでもそういうカメラを手にしていたいです。
ただ、私の場合、仕事がら自分がベストと思うカメラではないもので撮影することもあります(笑)。
いいカメラか悪いカメラかではなく、自分のイメージマッチするかどうか。
マッチしないカメラの場合は、ちょっと苦労したりします。
でも、慣れてしまえば、苦労したなりにはちゃんと撮れるようになります。
そういう意味では、不慣れなカメラというのも使いこなしがいがあって楽しいものかもしれません。
自分に合ったカメラを持つのが一番。
でも、合わないと思ったカメラでも、実は使いこなしで結構いけてしまうもの。
結局、本当に大切なことは、カメラを手にしていることと、そのカメラを使いこなしてあげること。
この二点なんだと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
ニューヨークは大雪。
朝になってしまうとものすごい勢いで除雪してしまうので、
街の雪景色を撮るなら夜中しかありません。
ということで、寝不足も顧みず、真夜中に何時間も街を歩き回りました。
今しか撮れないものに出会ったら、とにかく撮るしかないですからね。

LUMIX GF2にて。
夕方から降り出した雪は、数時間で街の景色を一転させてしまいました。
街角に置かれたゴミ箱ですら、こんなにも素敵に見えます。
雪化粧とはよく言ったものだなあと思いながらシャッターを切りました。
つい先ほど撮ったばかりの新鮮ニューヨークをお届けします。
11

2011/1/22

スナップ写真PART2  デジタルカメラ
先日の日記で、ずいぶんいろいろな方からのご意見、ご感想をいただきました「スナップ写真ってなんでしょう」の第二弾。
みなさん、スナップ写真についてはいろいろ考えていたり、でも自分の中でもこれといった明確なものがなかったりと、結構悩んでいるようですね。

根本的なことですが、写真は趣味で楽しむなら自分が満足して、さらに他人に迷惑をかけなければ何でもありだと思うのです。
ただ、写真を発表するということに関しては、やっぱり写真を見る人に何かを伝えることではないかと思うわけです。

先日、ある会合でハービー・山口さんとお会いしました。
スナップ写真の大先輩にあたる方ですが、お話の中で「スナップ写真とは?」という質問をぶつけてみました。
ハービーさんは、「真実を写すこと。どちらかといえばドキュメンタリーに近いね」というようなことをおっしゃっていました。そして、「真実の中から自分が伝えたいと思うことを写し取ること」とも。
やっぱり表現者なんだなあと実感。
ハービーさんが撮りたいもの、見せたい写真は「HAPPY」だそうです。
ハービーさんの写真を見てみれば納得ですね。

写真家というのは写真を通じて、何かを表現することなんだと思います。
プロの写真家、アマチュアの写真家、どちらにせよ表現することなのかなあと。
それがパワーのあるスナップ写真とそうでないものの違いなのかもしれません。

私も今から飛行機にのって表現を探しに行ってきます。
がんばっていろいろな表現にチャレンジしてみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の冬に撮ったニューヨーク。
ニューヨークの冬はとっても寒いのですが、
何ともいえない魅力がいっぱいです。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ