2011/1/5

カメラを持つと見えるもの  デジタルカメラ
カメラを持つと、普段とは違う目線になるような気がします。
撮影に出ているときはもちろんですが、コンパクトデジカメを持っているときでさえも、「何か面白い被写体はないかな」と、無意識に脳が働いていて、色々なところを見ている気がします。
もし写真というものを撮っていなかったら、こんなに色々なものを見ていなかったかもしれません。
公園などに行くことも少なかったでしょうし、目的のない街歩きなどしなかったかもしれません。
季節や天気にももっと無頓着だったかもしれません。
そう考えると、カメラを持っているというだけで私の人生が少し豊かになった気もしてきます。
みなさんはいかがですか?
写真を撮ることで豊かな気持ちになることはありますか?
せっかく写真を撮るということに出会ったのですから、
いろいろなものを見て、感じて、そしてカメラに収めましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
近所を散歩中に足もとで見つけた下水道のマンホール。
ここに書かれた記号や数字はなんなんだろう?と思ってシャッターを切りました。
帰ってから調べてみると、「マンホール番号および管きょの布設年度」だそうです。写真は上下逆さまですが、どうもこのマンホールは2001年に布設されたものということのようですね。

LUMIX LX5にて。
このカメラ、シーンモードの中にサンドブラストというものがあります。
ちょっと荒れたモノクロが撮れるモードです。
これが結構楽しめます。
ただ、残念ながらシーンモードではRAW記録ができないので、
普通の写真も撮っておきたければ、モードを切り替えて2回撮らなくてはいけません。全モードでRAWの同時記録ができればいいのに。
9


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ