2011/1/7

清水哲朗 写真展「イネーフ 〜Mongolian Smile〜」  デジタルカメラ
昨日は友人の写真家である清水哲朗氏の写真展を観に行ってきました。
写真展はその人の人となりがよく現れます。
カメラ専門誌などでも写真は見ることができますが、
ギャラリーページ以外は企画や編集の意図が入っていたりして、本当のその人らしい写真とは限らないものです。
その点、写真展、とくに個展はそのひとの考えていること、見ているもの、表現したいことがよく分かるので、とっても楽しいです。
また、個展の多くは作者が会場にいるので、どんな状態、どんな気持ちでその写真を撮ったのかなどを直接聞くことができます。
私も時間がある限りいろいろな写真展を観るようにしていますが、いろいろな意味で刺激になるし、勉強になります。
みなさまにもぜひ写真展を観ることをオススメします。
というか、前にもそんなオススメをしたことがありますね(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します
清水哲朗 写真展「イネーフ 〜Mongolian Smile〜」
彼が年に何度も通い詰めているモンゴルの写真たちが楽しいキャプションとともに展示されています。
モンゴルの広さとおおらかさを感じられる写真がいっぱいです。
なんとなく和やかな気分になれます。
ぜひとも行ってみてください。
そして、会場にいったら「カツオ」と「バンビ」を探してみてください。
行けばわかります(笑)。

写真はLUMIX GF2で撮ったものをモノクロにしたもの。
彼の人柄の良さを表現するにはモノクロがいいかなあと思ったものでw。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ