2011/1/10

視野率100%のカメラ  
一眼レフカメラはファインダーで見たままに正確に写すことができると言われています。
でも、視野率が100%でないとそうはなりません。
視野率95%とかのカメラだとファインダーで見えているものの外側が写ってしまうからです。
だから、私は一眼レフカメラなら視野率100%のカメラを使いたいです。
別に余分な部分が写っていても、後からパソコンでトリミングすればいいという意見もあるでしょうが、やっぱり撮ったときに写真が完成しているほうが気分がいいのです。
特に、エントリーモデルの一眼レフだと、思いのほかファインダーの外側が多く写っていたりします。(視野率を100%にするとその分コストが大幅にアップしてしまうため、エントリーモデルはちょっと視野率が低いのです)

ちなみに、液晶モニターや液晶ビューファインダーでフレーミングを行うライブビュー撮影や、いわゆるミラーレス機は視野率100%です。まあ、センサーに当たっている映像をそのまま液晶に映し出しているので当たり前と言えば当たり前のことなんですけど。
ですので、この手のカメラは正確なフレーミングができるのです。

またコンパクトデジカメも基本的には視野率100%ですね。
(そうじゃないカメラもあったような気がしますが、定かではありません)

撮る前に正確にフレーミングするなら視野率は100%がいいです。

でも、ライカMシリーズのように、視野率うんぬんではなく、カメラの向こう側がずーと見渡せてしまうカメラというのは、また別の良さがあります。
(ちなみに、M9などでも慣れればかなり正確なフレーミングが可能となります。)

なんか、書いていてどっちつかずになってきてしまいましたが、
デジタル一眼レフカメラなら視野率は100%のものを使いたいし、
ライブビューは自ずと100%になるから便利。
でも、カメラによっては視野率なんて関係ない。
というところでしょうか。
みなさんも一度、ご自分のカメラの視野率について、チェックしてみてはいかがですか?

クリックすると元のサイズで表示します
シグマDP2sにて。
クレーンとビルの角をフレームぎりぎりに置いてみました。
コンパクトなボディですが、正確なフレーミングができるという意味ではこういうカメラはプロ用一眼レフに匹敵する性能と言えます。

このカメラはこういう被写体を写すと本当に気持ちよく写ってくれます。
14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ