2011/1/19

スナップ写真ってなんでしょう  デジタルカメラ
先日、何十年来の付き合いとなる友人編集者と話をしているとき、
「スナップ写真って何?」という話になりました。
確かに、スナップ写真って漠然としているような気がします。
ただなんとなく近所を撮ったもの。
なんとなく友人や家族を撮ったもの。
スナップ写真って「なんとなく」でいいの?というのがそのときの友人の疑問。
確かに、旅の思い出や家族、友人との思い出写真ならなんとなくでもいい気がしますが、写真を発表するということを考えると、なんとなくじゃ写真の力が足りないような気もします。

フィルムカメラしかなかったときは、ただ何となくシャッターを切ることって少なかったですね。フィルム代がもったいないから(笑)。
でも、デジタルになって、なんとなくシャッターを切っても、別にお金がかかる訳じゃないし、ということで「何となくスナップ」があふれ出した感じもします。
さらに、インターネットの普及により、誰でも第三者に写真を見せるという行為が出来るようになりました。
ネットに写真をアップするということは、それは写真を発表するということです。
その発表の場をなんとなくの写真でいいのでしょうか。
別に上手い写真、傑作である必要はないと思います。
でも、他人に見てもらうということの意味を考える必要もあると思うのです。
手軽に写真が楽しめる時代になったからこそ、写真の意味を考えることも必要かなあと。
難しいことを言いたいわけではありません。
写真一枚一枚に魂を込めて撮り、それを発表したいなあと思ったまでです。

クリックすると元のサイズで表示します
公園のベンチにぽつりと置かれたテニスボール。
だれが置いていったのか、はたまたたまたま飛んできたのか。
周りを見回しても、テニスボールの所有者らしき人はいませんでした。
持ち主のいなくなったテニスボールが夕日の中に佇んでいました。
LUMIX LX5にて。
14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ