2011/1/22

スナップ写真PART2  デジタルカメラ
先日の日記で、ずいぶんいろいろな方からのご意見、ご感想をいただきました「スナップ写真ってなんでしょう」の第二弾。
みなさん、スナップ写真についてはいろいろ考えていたり、でも自分の中でもこれといった明確なものがなかったりと、結構悩んでいるようですね。

根本的なことですが、写真は趣味で楽しむなら自分が満足して、さらに他人に迷惑をかけなければ何でもありだと思うのです。
ただ、写真を発表するということに関しては、やっぱり写真を見る人に何かを伝えることではないかと思うわけです。

先日、ある会合でハービー・山口さんとお会いしました。
スナップ写真の大先輩にあたる方ですが、お話の中で「スナップ写真とは?」という質問をぶつけてみました。
ハービーさんは、「真実を写すこと。どちらかといえばドキュメンタリーに近いね」というようなことをおっしゃっていました。そして、「真実の中から自分が伝えたいと思うことを写し取ること」とも。
やっぱり表現者なんだなあと実感。
ハービーさんが撮りたいもの、見せたい写真は「HAPPY」だそうです。
ハービーさんの写真を見てみれば納得ですね。

写真家というのは写真を通じて、何かを表現することなんだと思います。
プロの写真家、アマチュアの写真家、どちらにせよ表現することなのかなあと。
それがパワーのあるスナップ写真とそうでないものの違いなのかもしれません。

私も今から飛行機にのって表現を探しに行ってきます。
がんばっていろいろな表現にチャレンジしてみたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
昨年の冬に撮ったニューヨーク。
ニューヨークの冬はとっても寒いのですが、
何ともいえない魅力がいっぱいです。
6


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ