2011/1/28

E-PL2発売  デジタルカメラ
オリンパスからマイクロフォーサーズ規格のカメラ「E-PL2」が発売になりました。
なんだかオリンパスさんはこのPEN Liteシリーズをえらいペースで出してくるもので、何よりもそれに驚きますw。
でも、どんどん新しいカメラを発売して、勢いをつけて欲しいですね。

私も最近はデジタル一眼レフよりもこういうったコンパクトなデジカメを使うことが増えています。
旅のお供や街風景の撮影では、大きなデジタル一眼レフよりもコンパクトなカメラの方が機動性も高く、また目立たないので撮影しやすいです。

E-PL2に関しては、E-5で評判の「ドラマチックトーン」が加えられました。(間違えてE-3と書いてしまいました。正しくはE-5です。修正しました。)
これは日常の見慣れた景色を非日常に変えてくれる魔法のフィルターで、実に楽しめます。
以前にも書きましたが、アートフィルターは撮影者のアートというよりはオリンパスのアートという感じ。
でも、なんとなくアートに見えちゃう写真を簡単に撮ることができるという意味では、存在意義のあるモードだと思っています。
また、E-PL2のアートフィルターでは、「ポップアート」や「ラフモノクローム」、「トイフォト」にバリエーションが増え、自分好みの仕上がりに近づけられる可能性が増えました。アートエフェクト機能などというものも搭載され、よりいっそうアートフィルターに力が入れられています。
各社ともこの手のフィルターを搭載するのが流行みたいですが、使っていてもっとも楽しいのはやっぱりオリンパスのカメラ。オリンパスにはぜひともこのアートフィルターで行くところまで行ってほしいですね。

ただ、E-PL1sにはあった「ジェントルセピア」がなくなってしまったのはちょっと残念。
モノクロが楽しくなるモードは残しておいて欲しかったという気がします。
アートフィルターは1個増やして1個減らすのではなく、どんどん追加で増やしてくれればいいのに。
開発的には増やし続けていくという方向性は難しいのでしょうかね。
まあ、評判のモードを増やし、いまいちだったものは外すという潔さがオリンパスらしさなのかもしれません。

また、初心者により優しくということで、ライブガイドが進化しました。
デジタルカメラはどんどん写真というかカメラの理論、知識がいらない方向に進んでいくのですね。
便利なような、ちょっと寂しいような。 

どちらにせよ、レンズ交換式でこの大きさ。
誰でも気軽にアート気分が味わえるカメラとして、ちょっと写真を楽しんでみたいなあという写真趣味予備軍の人たちに訴求できるといいですね。
もっともっと写真好きが増えてくれるとうれしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
E-PL2(ベータ機)のドラマチックトーンにて撮影。
本当にドラマチックな写真が撮れます。
こればっかりを撮るというのもどうかとは思いますが、
撮っていて楽しいことは間違いなし。
趣味の写真は楽しむことが一番です。
ということで、このモードはほんとにオススメ。

ニューヨーク滞在中、明け方にブログ更新しているため、ちょっと眠くて、話にまとまりがなくてすみません。
このあと、夜明けの街の撮影に出かけます。
13


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ