2011/2/14

写真を楽しむということ  デジタルカメラ
日本最大のカメライベント「CP+」も無事に終わりました。
ご来場のみなさま、関係者のみなさま、ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。

さて、今回のCP+を振り返ってみて、やっぱりなあと感じたことは「写真は楽しんだもの勝ち」ということ。
各社のセミナーブースでしゃべっている写真家さんたちも、自分の写真を見せながら本当に楽しそうにしていました。
みなさん、お仕事として講演しているのに、あんなにも楽しそうにしているなんて。
いつもこのブログにも書いていることですが、写真は楽しまなくちゃ損ですね。
カメラはどこのメーカーのものでも、自分が気に入ったものを使えばそれでいいんだと思います。
どのメーカーのカメラだって、もはや画質が悪くて使い物にならないものなんてないわけですから。
あとは、撮影の目的、被写体、使い方に応じて、カメラを使い分けてあげればいいですね。

私はまた今日から地方巡業の旅が始まりました。
横浜にも4日間滞在していましたが、今日からは日々いろいろなところに移動する予定です。
体力的には厳しそうな旅ですが、写真というお仕事に携われっていることを楽しみながら、乗り切ろうと思っています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX GF2にて。
CP+開幕の数日前、大阪のとある飲み屋にて。
写真家の大先輩である山田脩二さんとゆかいな仲間たちとの楽しいひととき。
こんな大先輩でもやっぱり写真が楽しくて楽しくて仕方がないという感じでした。
山田脩二さんと一緒に写真展をやろうという話で盛り上がりました。
本当に実現したらいいなあ〜。
やっぱり写真は楽しいです。
写真大好き!
15


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ