2011/3/14

一人でも多くの命が助かることを祈ります  デジタルカメラ
3/11の大地震で多くの方々が被災されました。
東京でも被害にあわれた方が多いことと思いますが、
特に東北地方では、今もまだ救援を待っている人たちが大勢います。
まだ、生命の危機にさらされている方々もいっぱいいます。
避難所に避難された方々も食料が足りなかったり、環境面でさまざまな不安があると聞きます。

被災地のそばにいない私たちにできることは少ないかもしれません。
でも、きっと何かできるはずです。
節電もその一つでしょう。
冷静に行動し、社会の復興のために日々努力するというのも大切でしょう。

今こそ、すべての人々が協力し合って日々を過ごしていきたいものです。


被災地域の人たちは懸命に生きています。
ですから、「壊滅的」などという表現で片付けるのはやめませんか。
どんなに被害が大きかろうが、必ず復興する。
人々も街も立ち上がる。
そう信じましょう。
そして一緒になって努力しましょう。

私にも自分で何ができるかはっきりとは分かりません。
でも、出来ることを見つけて、やっていきたいと思っております。
みなさん、一緒に頑張りましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
妻の実家、大船渡市赤崎町の風景。
いつでも海の香りがただようのどかで素敵な町です。

でも、ここに写っているほとんどの家は今回の地震による津波によって流されてしまったと聞いています。
実家も流されてしまったようです。
(おかげさまで両親の生存は、今朝確認できました。まだ避難所には行かれてないようですが、きっと大丈夫と信じてます。)

私は、再びこの町が生まれ変わって、また素敵な景色を見せてくれると信じています。
そのために復興のお手伝いにも行こうと思っています。
そして、また写真を撮りに行くからね。
きっと、それが私にできること。

だから、
がんばれ!赤崎町!!
がんばれ!大船渡!!
がんばれ!岩手!!
がんばれ!東北!!
頑張れ!!日本!!
一人でも多くの方の命が助かりますように!!

津波被害の当事者家族として、どうしても応援の言葉を書きたかったので、
こんな日記を書いてみました。
52


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ