2011/3/19

APS-Cサイズのカメラ  
いつまでも地震に引きずられていてもしょうがないので、そろそろブログも写真やカメラのネタに戻りたいと思います。

ということで、本日はカメラのセンサーサイズのお話。

デジタル一眼レフカメラに採用されるセンサーサイズはAPS-Cサイズが主流です。
ひとくちにAPS-Cサイズといってもキヤノンとニコンでもセンサーサイズは違うし、
同じメーカーでも微妙に違っていたりします。
でも、ここはひとくくりにAPS-Cサイズとしておきましょう。

で、APS-Cサイズのカメラというのは、やっぱり従来の35mmフィルムのカメラとは違うのだと思います。
何が違うかといえば、センサーの大きさです。
いわゆるフルサイズのセンサーが35mmフィルムの1コマとほぼ同サイズなのに対し、APS-Cサイズはそれよりも小さいサイズになります。
このため、撮影時の画角が1.5倍から1.6倍程度望遠レンズを使ったときのようにシフトしてしまいます。
例えば、APS-Cカメラに50mmレンズを装着したときの画角は、35mmフィルムカメラで75mmから80mmのレンズを使ったときの画角と同じくらいになります。

なので、35mmフィルムカメラ(フルサイズ機)で35mm、50mm、85mmという3本の単焦点レンズを愛用している私は、
APS-Cサイズのカメラでは23mm、33mm、56mmというレンズを使うことで同じような画角を得ることができるようになるわけです。(1.5倍相当となるニコンを例にとった場合)
そんな半端な焦点距離のレンズはありませんので、実際は24mm、35mm、50mmというレンズになるでしょうか。
ただ、問題なのは、画角を合わせることができたとしても、そのボケ具合はレンズ焦点距離そのものになってしまうということです。

だから、厳密にいえば、35mmフィルムカメラ(=フルサイズセンサー)とは同じ写真を撮ることはできません。
つまり、APS-Cサイズのカメラなりのレンズ選びと、ボケ、写真の構成を考えなくてはいけないということになります。
といっても、フィルムの時にも35mmフィルムと645などの中判カメラとは違うレンズを使って、撮影をしていたわけですから、頭を切り換えなくてはいけないことが悪いことなのではありません。

ただ、APS-Cサイズに合わせて作られた単焦点レンズが少ないというのがちょっと困りものです。
逆に、ズームレンズはAPS-Cに合わせたものがいっぱい用意されています。
ということは、APS-Cカメラはズームをメインに使用するカメラかなと思ったりしています。
ズームならどのみちそれほど大きなボケも期待できないし、細かな画角の違いもズーミングでカバーできます。
最新のデジタル設計のズームレンズは、描写力にも優れていて、本当によく写ります。

というわけで、単焦点レンズをメインで使うなら、フルサイズ機。
ズームをメインで使うなら、APS-C機という使い分けがいいのではと思ったりしています。

クリックすると元のサイズで表示します
EOS 7Dにて。
このカメラのキットレンズとして用意されているEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMですが、
このレンズは素晴らしいレンズです。
35mmフィルム換算で24-136mm相当の画角となりますが、
ワイドから望遠まで非常にシャープでキレの良い描写力です。
7Dを買うなら、絶対に買っておいた方がいいレンズです。
ズームならこういう良いレンズがいっぱいあるんですけどね。
APS-C用に単焦点レンズももっと充実してくれれば、私もAPS-Cのデジタル一眼レフカメラをフル活用できるのですが。
14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ