2011/11/24

いいね!LUMIX GX1  デジタルカメラ
ご無沙汰しております。塙です(笑)。

最近は本当にレンズ交換式のミラーレスカメラが増えてきましたね。
そしてどれもグッと良くなってきました。
デジタルカメラの画質はもうそれほど大きく変化しないのかと思えば、決してそうではないです。
オートホワイトバランスの進化や色再現性などはやっぱり新しいカメラになると良くなっているものです。

最近の私のお気に入りミラーレスカメラはといえば、LUMIX G3です。
以前にも日記に書いたことがあるかもしれませんが、本当に画質が良くなりました。
私が一番気にする、人肌の色再現、階調もすっごく良くなっています。
4/3センサーでここまで高画質、高解像力になるとは驚きです。
そんなお気に入りのG3ですが、ここに来てちょっと出番が減っています。
まあ仕事柄、好きなカメラを使う時間よりも、頼まれたカメラを使うことのほうが多いもので、そういうことになったりするのですが、G3の出番が減った理由の一つにGX1というカメラが出てきたからなんですね。
LUMIX GX1です。

LUMIXはGシリーズ、GFシリーズ、GHシリーズの3本立てでしたが、ここにGXという機種が加わりました。
GX1はどちらかというとGF1の流れを汲むカメラのようです。
もともとGF1はG1の小型軽量モデルという感じで発売されましたが、GF2、GF3と新しくなるたびに、小型&簡単を追求してきた感じです。G2、G3からは離れていく感じでした。
それがやっとG1とGF1のような関係に戻って、G3の小型軽量としてGX1が出てきたというところでしょうか。

GX1はなかなか良くできています。
画質に関してはG3ゆずりの高画質だし、ちゃんとモードダイヤルも搭載している。
ファンクションボタンも2つ(液晶上にあと2つファンクション機能を設定できます)用意しているし。
グリップも大きくなって、グッと撮る気にさせてくれるホールド感があります。
本体にEVFは内蔵しませんが、外付けの液晶ビューファインダーはG3と同じ解像度の144万ドットになりました。
これの外付けEVFがすっごく見やすい。
GX1を使うならこれも必須という気がします。
でも、ちょっと悩むのが外付けEVFを付けると、今ひとつGX1のコンパクト感が薄れちゃうんです。
GX1らしくカッコいいのは、EVFなし。
でも、日々のスナップではファインダーを覗いて撮ることが多いので、できればEVFを付けておきたい。
う〜ん、ここが悩みどころ。
EVFを付けた状態ならむしろG3のほうがバランスがいいかななどと思ったりして。
G3かGX1かというのは意外に悩みどころかもしれませんw

あと、レンズは14-42mmのパワーズームがいいです。
電源オフ時のコンパクトさはダントツです。
電源を入れるとズームが伸びてきますが、レンズキャップをはめたままでもちゃんと電源が入ってズームが伸びます。
電源を入れたときに、「キャップを外してください」なんて興ざめな画面はでません。
(もちろん、撮るにはキャップを外さなくちゃいけないけどw)
あと、パワーズームの操作性に関してですが、これはやっぱりムービー撮影時のズーミングには便利ですね。
静止画の撮影は可もなく不可もなしという感じ(笑)。
でも、最近のデジカメはムービーカメラとして使うことも多いので、そういう意味ではパワーズームというもの持っていたいところです。

というわけで、今はGX1+14-42mmパワーズームの組み合わせがお気に入りです。
まもなく発売。
ぜひお店で実機を触ってみてください。

クリックすると元のサイズで表示します
アートフィルター系はちょっと苦手なLUMIX Gシリーズですが、
GX1に搭載された「トイフォト」はなかかな良い感じです。
周辺部をガッツリと落としてくれるので、なんとなく雰囲気のある写真に仕上がります。
それでいて中央部付近の画質は落とさないので、解像力の高さを活かしたままのトイフォトが楽しめます。
(写真はベータ機でのものなので、あくまでも参考程度に。)
24

2011/11/3

楽しいカメラと楽しい写真  デジタルカメラ
楽しいカメラを持つとそれだけで楽しい気分になるものです。
そして自分が楽しい気分でいるときにほかの人にカメラを向けると、向けられた相手も楽しくなってくれるような気がします。

カメラは写りが大切。
画質も大切。
でも、それ以上に楽しい気持ちにさせてくれることが大切なんじゃないかなあと。

どんなカメラが楽しいカメラだと感じるかは人それぞれかもしれません。
どんなカメラでも自分が気に入って使っているカメラはきっと楽しいカメラなのでしょう。
楽しい気持ちになれるカメラを使うことはとっても大切なことだと思います。
気に入った写真が撮れるのはきっと楽しいカメラを使っている時なのではないでしょうか。

私にとって楽しいカメラの筆頭株主といえるのがライカM9。
ピント合わせはマニュアルだし、オートホワイトバランスなんてビックリするくらい外れるし(笑)。
でも、レンジファインダーならではのファインダーから見える景色は何ともいえず楽しい気分になるものです。
お仕事をこれ1台でこなすのはとっても大変なことなので私にはできませんが、それでもこのカメラだけは手放せないカメラという気がしています。
他にもお気に入りのカメラはいっぱいありますが、でもライカはやっぱり外せません。

世の中にはM9よりももっと便利で快適なカメラがあります。
ライカを使っていると、逆にそういう便利さ、快適さを再認識できたりして(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

ライカだからといって別に高尚な写真を撮らなければいけないなどというルールもないと思うのです。
仲間内の飲み会のスナップでもいいと思うわけです。
楽しいカメラで撮る楽しいひととき。
とっても幸せな気持ちになれます。

みなさんが楽しいカメラに出会えますように!
そして楽しい気持ちで写真を撮り続けられますように!!
24


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ