2011/11/3

楽しいカメラと楽しい写真  デジタルカメラ
楽しいカメラを持つとそれだけで楽しい気分になるものです。
そして自分が楽しい気分でいるときにほかの人にカメラを向けると、向けられた相手も楽しくなってくれるような気がします。

カメラは写りが大切。
画質も大切。
でも、それ以上に楽しい気持ちにさせてくれることが大切なんじゃないかなあと。

どんなカメラが楽しいカメラだと感じるかは人それぞれかもしれません。
どんなカメラでも自分が気に入って使っているカメラはきっと楽しいカメラなのでしょう。
楽しい気持ちになれるカメラを使うことはとっても大切なことだと思います。
気に入った写真が撮れるのはきっと楽しいカメラを使っている時なのではないでしょうか。

私にとって楽しいカメラの筆頭株主といえるのがライカM9。
ピント合わせはマニュアルだし、オートホワイトバランスなんてビックリするくらい外れるし(笑)。
でも、レンジファインダーならではのファインダーから見える景色は何ともいえず楽しい気分になるものです。
お仕事をこれ1台でこなすのはとっても大変なことなので私にはできませんが、それでもこのカメラだけは手放せないカメラという気がしています。
他にもお気に入りのカメラはいっぱいありますが、でもライカはやっぱり外せません。

世の中にはM9よりももっと便利で快適なカメラがあります。
ライカを使っていると、逆にそういう便利さ、快適さを再認識できたりして(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

ライカだからといって別に高尚な写真を撮らなければいけないなどというルールもないと思うのです。
仲間内の飲み会のスナップでもいいと思うわけです。
楽しいカメラで撮る楽しいひととき。
とっても幸せな気持ちになれます。

みなさんが楽しいカメラに出会えますように!
そして楽しい気持ちで写真を撮り続けられますように!!
24


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ