2012/3/19

一眼レフカメラが元気  デジタルカメラ
ご無沙汰しています。塙です。

最近はTwitterやらFacebookやらと、思ったことを手短に言える手段が増えてきたおかげでどうもブログの更新が滞りがちです。
でも、「ブログ見てます」って言ってくれる人も結構多いので、頑張らないとと思っています。

で、最近の話題と言えば、今年は一眼レフカメラが元気ですね。
ニコンからはD4とD800/D800Eが。
キヤノンからはEOS-1D XとEOS 5D Mark IIIが。

私はスタジオなどでは中判カメラに取り付けるデジタルバックというものを使っていて、逆に海外などの街スナップではマイクロフォーサーズとLEICA M9がメイン。
外のロケ仕事などでは一眼レフカメラを持って行きますが、数年前までと比べると一眼レフカメラの使用頻度はずいぶんと下がりました。
でも、光学ファインダーをのぞきながらテンポ良く撮影できる一眼レフカメラというのはやっぱり魅力的なものです。
昔ながらの撮影スタイルというか、撮り手の感性を刺激してくれるというか、「やっぱり撮影って楽しいなあ」と思わせてくれます。

ミラーレスカメラがいいのか、一眼レフカメラがいいのかなどと議論するのは無駄なことで、ようは使い分けをすればいいだけの話。
まだまだデジタルは進化を続けています。
ミラーレスカメラしか使ったことのない人はぜひとも一眼レフカメラも使ってみてください。
一眼レフカメラしか使ったことのない人はぜひてもミラーレスも使ってみてください。
そして、両方使っている人はぜひともレンジファインダーカメラに行ってみてください(笑)。

カメラが変わると、気持ちが変わって楽しいですよ。
そしてレンズが変わると、写真が変わりますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
私が今、気に入って使っている唯一のDXフォーマット(APS-C)の一眼レフカメラとなるD7000。
レンズのラインアップを考えるとFXフォーマット(フルサイズ)のほうが使いやすいんですけど、カメラの大きさを考えるとこれくらいのカメラが持ち歩きやすいですね。
防塵防滴を信じて、雨の日でもガシガシ使っています。
もっとも防塵防滴じゃないカメラでも、同じように雨の中で使っていますけどね(笑)。
だって、雨の日って美しいシーンがいっぱいですから。
26


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ