2012/6/30

写真教室にて  デジタルカメラ
本当にご無沙汰しております。塙です。

本日はパナソニックさんが主催するLUMIX GF5の写真教室でした。
メーカーさんが主催の写真教室ですから当然、そのメーカーのカメラの話が中心になるわけです。
でも、私は気に入ったカメラであればどのメーカーのカメラでもいいと思っています。
メーカーによって使い勝手も発色も、画質も違ったりします。
でも、それはどれが一番優れているかということではなくて、どれが撮影者に一番合っているかが大切だと思うのです。

パナソニックのカメラが使いやすい、仕上がりが好きと思えばそれを使えばいいし、他のメーカーのものが好きならばそれを使うのが一番だと思うのです。

私はといえば、どれかひとつに絞ることはできないので、いろんなメーカーのいろんなカメラを使っています。
パナソニックにはパナソニックの良さがあるし、ニコンにはニコンの良さ、キヤノンにはキヤノンの良さがあると思うからです。
贅沢と言われるかも知れませんが、撮りたいシーン、被写体、用途に応じて、自分が最適と思えるカメラを使いたいのです。

前にも書きましたが、旅ならやっぱりミラーレスが軽くて快適だし、
スタジオ撮影とかなら多少大きくて重たくても一眼レフや中判カメラが使いやすいです。
多少、発色が偏っていても(笑)ライカM9Pなどの楽しさも忘れることはできません。
そんなわけで、これからも使いたいカメラを見つけて、好きな場面で使い分けていきたいと思っています。




クリックすると元のサイズで表示します
LUMIX GF5にて。

パナソニックの写真教室ではいつも撮影実習としてモデルさんを撮ってもらっています。参加者の方々に少しでも多く撮っていただくため、私はほとんどシャッターを切りません。
でも、撮り方の見本として何枚かはシャッターを切ります。
そんな何枚かのうちの一枚。
本日のモデルさんは永藤 実羽(ながふじ みはね)さん。
控え室では一生懸命に大学のレポートを書いてるまじめな学生さんです(笑)。
でも、カメラを向けるとスッと表情が変わる素敵なモデルさんです。


写真教室をやると、参加者の方々から「ブログ楽しみしています。更新してくださいね」と言われてしまいます。
「今日こそ更新します。」と約束してしまったので、頑張って更新。
最近はTwitterとかFacebookとか気軽にアップできる媒体が増えてしまったため、ついついブログの更新がおろそかになってしまいます。
でも、「やっぱりこっちも更新しないといけないんだなあ」と改めて実感した一日でした(笑)。
がんばりまーす。ですので、これからもよろしくお願いします。
27


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ