2012/7/21

ブログ内の写真が消えた  デジタルカメラ
どういうわけだか、このブログ内の写真がところどころ消えています。
私が消したわけではなく、サーバーのエラーだと思います。
そのうち復活するのかもしれませんが、
とりあえず、写真が見られないために本文の話がかみ合わないことがあるかもしれません。
ご了承ください。

運営者さん〜、早く直してくださ〜い!

【いつになっても運営者さんの対応がないので、消えてしまった写真の部分だけ再アップしました】
6

2012/7/21

3630万画素というカメラ  デジタルカメラ
久しぶりにカメラネタです。

3630万画素のカメラといえばニコンが発売中のD800/D800E。
中判カメラやデジタルバックでは当たり前となっていた3000万画素オーバーという画素数ですが、
これを気軽に使えるデジタル一眼レフカメラの世界に持ち込んだ功績は大きいといえるでしょう。

D800/D800Eの素晴らしいところはもちろん3630万画素から生成される高解像力な写真。
もちろん、それはその通りなのですが、実はその高解像力というのがキモなのです。
解像力が高ければシャープネスをほとんどかけなくても解像した写真になります。
逆に解像力が高くなければ、解像して見えるようにシャープネスを上げてやる必要があります。(いわゆる解像感ってやつですね)

今まではこのシャープネスによってデジタル画像がどことなく不自然に見えてしまっていたのではないかと思っています。
D800/D800Eではシャープネスを上げなくてもとてもシャープに見えるため、写真の仕上がりがとってもナチュラルに感じます。
フィルムのときには35mmよりは中判で撮ったときにそのように感じました。
つまり解像力が高いということは、拡大すればもちろん細部まできっちりと解像していることが分かりますが、それ以上に写真全体としてみたときの心地よいナチュラル感に大きく影響しているように思えます。

おまけにD800/D800Eはダイナミックレンジが広く、ハイライトからシャドーまでの再現性も高いため、より見た目の印象に近い仕上がりになります。
中判以上のカメラを使ったことのある人なら、D800/D800Eの再現力はピンと来ると思います。
デジタルバックでなければできなかった再現がこんなにも手軽に味わえてしまうなんて本当に素晴らしい時代になったものです。

クリックすると元のサイズで表示します
FXフォーマットらしいボケ味もやっぱり魅力のひとつ。
楽しいカメラを手にすると、普段撮らないような被写体にもカメラを向けてしまうものです。
それもまたこのカメラの魅力といえるのかもしれません。

ただ、正直を言えば、旅に持って歩くにはちょっと重たいですね(笑)。
クルマでの旅ならまだいいんですけど、飛行機や電車での旅にはもう少し軽いほうがありがたいです・・・。
22


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ