2012/8/21

写真は真実を写すのか  デジタルカメラ
写真は「真実を写す」から写真というのだといいます。
でも、写真は本当に真実を写すのでしょうか。
デジタル写真になってからはレタッチができてしまうから真実を写すものではないという意見もあります。
でも、フィルムだってレタッチはできたし、撮影時の多重露光や複数のネガから作った合成プリントなどができました。
つまり、真実じゃない写真を作ろうと思えば、今も昔もできたわけです。

では、やっぱり写真は真実を写さないのでしょうか。
みなさんはどう思われますか。
私は、フィルムや撮像素子に当たる光にはウソはないのだと思っています。
それをどう取り扱うか。撮影者の気持ちひとつだと思うのです。
そしてもっといえば、どんな写真であれ、それが撮影者の気持ちを現しているものなら、それが真実なのではという気もします。

たとえば、ライティングをしないで撮った被写体と、それをキチッとライティングして撮った写真とでは、写っている被写体の見え方は違うし、美しさも違うでしょう。
カタログなどに見る商品だってすごくかっこよく、高級感があるように写っています。ある意味、実物以上に素敵に写っている写真がいっぱいあります。
でも、実物を撮っている以上、それも真実なのではないでしょうか。
こういう光の中で見れば、こう見えるのだという真実。

でも、撮ったものを、まるで絵を描くようにレタッチしてしまったら、これはもう真実とはいえないかもしれませんね。
結局のところ、撮ったものは真実、それをどうレタッチするかで真実でなくなるかどうかが決まるのかもしれません。
世の中だって、なにが真実で、なにが真実でないのかはっきりと分からない時代ですから。写真だって真実と真実でないものが入り交じっていても不思議ではありません。

ですから、写真は真実が写るということに対して、本当にそうなのか私には自信がありません。
でも、真実を写したいと思って、シャッターを切っています。
私が眼にしている今をありのままに写したいと思っています。
自分自身でそう思って写真を撮っていれば、それでいいかなと思っている今日この頃です。

真実が写っていればいいというものではないと思います。
でも、やっぱり「写真」というからには、真実を写したいという気持ちはありますよね。
さて、みなさんの写真は真実が写っていますか。

クリックすると元のサイズで表示します
D7000にて。
本日はニコンカレッジのスナップ講座でした。
せっかくカメラを持ってきたのに、講座では何も撮らなかったので、もったいないなと思って、帰りにお台場まで寄り道してきました。
夜空にゆっくりと流れる雲が素敵で、30秒の露光で雲の動きを撮ってみました。
この写真だって、肉眼で見ている雲とは違います。
ホワイトバランスも印象的になるように変更して撮っています。
そういう意味では真実の写真ではないと言われるかもしれません。

でも、これが私がみた、素敵なお台場の夜景。
東京タワーとスカイツリーが一緒に見える景色。
私がこの光景を観て、空と雲、穏やかな水面がキレイ、東京って素敵と思った景色なのです。
だから、私に撮っては真実が写った写真だと思っているのです。
私にはそう見えたのだから、それでいいんじゃないかな。

31


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ