2012/9/16

新しいレンズを使う意味  デジタルカメラ
レンズ交換式カメラ用のレンズには安いものまでいろいろあります。
でも、高いレンズだからといって必ずしも高性能だとは限りません。
特に一眼レフカメラ用のレンズは、フィルム時代に設計されたものも多く、
これらは最新のデジタル一眼レフカメラではカメラの性能をフルに発揮できないものが多いのです。
カメラメーカーもその辺のことはよく分かっていて、一生懸命にレンズのモデルチェンジをしたりしています。

よくレンズは資産だという話を聞きます。
確かに資産と呼ぶに相応しいレンズもあるでしょう。
古いレンズならではの柔らかな描写や独特のボケなど、高性能なレンズだけにはない魅力があったりします。
新しい高性能レンズだけが素晴らしいレンズということではありません。

でも、カメラが高性能になった分だけ、レンズも高性能なものを使ってあげないと、せっかくのカメラの性能を生かし切れないということもあります。
ですから、カメラに見合ったレンズをちゃんと使いたいと思うのです。

レンズは資産だ、といってただ古いレンズだけを使い続けているのはちょっともったいない気もします。
とくに、最新のカメラを購入することが好きな人は。
カメラに見合ったレンズを選ぶということも考えてあげましょう。

私はレンズが大好きなので、古いレンズもいっぱい持っています。
自分が生まれるよりも遙か前のレンズなども楽しんで使っています。
それはそれ。
古いレンズを大切に、そして楽しんで使うことと、カメラの性能に見合ったレンズを使ってしっかりとした写真を撮ることはまったく別次元のお話しです。

クリックすると元のサイズで表示します
最近、発売になったキヤノンのEF24-70mm F2.8L II USM(写真左)。
写真右は旧型のEF24-70mm F2.8L USMです。
私はニコンとかパナソニックしか使わないんじゃないかと思っている人も多いようですが、キヤノンだってちゃんと使ってます(笑)。
(撮影シーンによってメーカーも使い分けます)

この手のF2.8通しのズームはお守り代わりに持って歩きます。
私は基本的にお仕事でも単焦点レンズを使うことがほとんどですが、
ちょっと構図の自由度が少ないときにはズームが重宝したりします。
カメラバッグから出てこない日も多いですが、やっぱりお仕事ではこの手のズームは一本入れておくと安心です。

で、以前は右側のレンズを使っていたわけですが、これがどうにもあまり納得のいく写りをしないレンズだったわけです。(この旧型も、それ以前に使っていた28-70mm F2.8L USMから乗り換えたときには、色の出方も素直になって、ずいぶんと良くなったなあと思ったものでしたがw)
そしてやっとこのレンズがリニューアル。さっそく入手しました。
といっても、二日ほど前に入手したので、まだ新旧比べての実写テストはしておらず、まだまだ未知数。
とりあえず、室内の簡単なテストでは開放はかなりシャッキリとしているようです。たぶん、ズームとしてみれば納得できるレベルなんじゃないかと想像したりしています。

とりあえず、2本のレンズを並べてみての感想としては、付属のフードにロックが付いたことがいいですね。不用意にクルクルと回転してしまうことがなくなりました。
また、レンズフードもずいぶんとコンパクトになりました。
レンズ本体の長さはほんのちょっとだけ短くなった程度ですが、フードを付けた状態ではずいぶんと長さが違います。
旧モデルはフードを付けると、ずいぶんと仰々しい感じになりましたが、
新モデルではこれがスリムな印象に変わりました。
ただし、このコンパクトなフードでテレ端でどれほど遮光効果があるのかなあという疑問はあります。
あとは、実際にさまざまなシーンで撮影してみてですね。
レンズは写りがすべてですから。
まずは今週のスタジオ撮りでテストしてみたいと思っています。

余談ですが、EF24-105mm F4L IS USMがあるじゃないかと言われる方もいるでしょう。
ISO感度を上げれば絞り1段分くらいは気にならないだろうし、
手ぶれ補正が付いているのは便利だし。
ということで、私もあのレンズは買ってみました。しかも2回も。
でも、やっぱりどうしてもあの描写、特にボケが気にくわず。
結局、2回とも手放してしまいました。
なので標準ズームはEF24-70mm F2.8L II USMに期待です。
34


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ